劉慈欣『超新星紀元』("Supernova Era")を読みました。

Cixin Liu
Tor Books
¥ 2,981
(2019-10-22)

今回デビュー長篇『超新星紀元』が "Supernova Era" として英訳出版されたことで、おそらく劉慈欣さんの長篇英訳がほぼ出揃ったと思うので、この機会になんとなく思ったことを書いておきます(ぼくは中国SFにくわしいわけでもないので推測まじりの備忘録程度です。まちがいがありましたらご指摘ください)。
すぐ忘れるからね。

今回訳出された『超新星紀元』は、

超新星爆発の影響で「13歳以上の人類は1年以内に死ぬことが確定している」という極限状況下で、死にゆく親はこどもたちに何を伝え何ができるのか、こどもたちはおとなたちから引き継いだ世界で何をなし、おとなのいない時代にどのような世界をめざすのか……

というちょっと着想の時点でこれはもう勝利確定みたいな話なのですが、それは最初の3割ぐらいで終わって、例によってちょっとジャンプする方向がズレて南極大陸に到達するびっくり展開になります。ちなみに今回「びっくり展開」パートが全体の5割ぐらいでしたでしょうか(これが次作『球状閃電』では3割ぐらいに減ります)。あとがきを読んだらそのびっくり南極大陸パートこそが本作の着想の原点だったことが判明しましたので、おそらく劉さんの「これがやりたい」という意志によって物語が強引にシフトチェンジする感覚が「びっくり展開」なのだと思いました。「びっくり展開」と書いてますけどぼくのなかでは『三体』の「古箏作戦」みたいなのも含むので、あくまで里見の思う劉慈欣SFの特徴ということで必ずしもネガティブなだけではありません。そしてあとの作品になるほど驚きは変わらず無理筋感は減っていきます。今回については(よくいえば)小松左京を読んでたはずなのにいつのまにかかんべむさしか筒井康隆になってたような印象です。別々の作品だったらよかったのですけど。
本作のあとがきの記述によると発表こそ2003年ですが1989-1991年あたりですでに書き上げていたようです(ご本人の認識としては「30年前の作品」となっています)。そのためちょっと科学技術面や国際情勢まわりが古く感じるところもありますが、今までで一番小松左京ライクな作品になっています。上記のあらすじだけでも『復活の日』や『日本沈没』を、そして何より「お召し」をイメージしますよね。
あと米中関係がメインのため本筋にはほとんどからまないですが日本人のあつかいがひどくて大変よかったです。

さてこれで長篇がそろったと書きましたが発表された時系列でならべると以下になります。

2003年 『超新星紀元』("Supernova Era")
2004年 『球状閃電』("Ball Lightning")
2007年 『三体』("The Three-Body Problem")
2008年 『黒暗森林』("The Dark Forest")
2010年 『死神永生』("Death's End")

ほかに Wikipedia で未訳長篇とされてる『中国2185』『魔鬼積木』というのがあるのですけど、前者は(『超新星紀元』の原型を執筆したのとほぼ同時期の)1989年作品で当時は未発表。後者はジュブナイルなので長篇ではなくたぶん長めの短篇か中篇ぐらいの長さなのではないかと思います(中国で本作と合本になっている『白亜紀往事』は "Of Ants and Dinosaurs" というタイトルで訳出されてますがそれぐらいの長さで、短篇集 "The Wandering Earth" に収録されています)。
で、残念なことに『死神永生』以降、劉慈欣さんの長篇作品はないので、長篇デビュー作品である『超新星紀元』を読んで、ぼくとしてはようやく追いついた感じです(まだまだ未訳短篇が残ってるのでしばらくは楽しめますが)。

で、長篇を発表順にならべてみると(おこがましい書き方ですが)成長著しいというかずっと成長し続けているという印象です。長篇作品が少ないとはいえ、常に次作が前作を上回る傑作になっています。翻訳の順序が

『三体』→『黒暗森林』→『死神永生』→『球状閃電』→『超新星紀元』

だったため、『超新星紀元』『球状閃電』に「三体」三部作の「萌芽」を見出しやすくなったので、それはそれでよかったのかなとも感じますが、(結果としてここ2作品が『死神永生』の先として期待してたレベルではなかったのもあり)『死神永生』で最長不倒距離の大ジャンプを見せてくれたまま新作が途絶えてしまったことで、はたしてぼくたちは劉慈欣さんのピークを見届けたのか、はたまたいつかもっと遠くへ連れて行ってくれるのかと新作を待ちわびてしまいます。

大長篇が出ないかなあ。


関連記事
劉慈欣『三体』(Cixin Liu"The Three-Body Problem")を読みました
劉慈欣 "Death's End" を読みました。


追記
『球状閃電』と『三体X・観想之宙』(著者:宝樹)の感想を書いてなかったことに気づきました。
『球状閃電』は球電現象の正体をつきとめる中盤ぐらいまでとても快調でした(『超新星紀元』の快調さはおとなたちがフェイドアウトする1/3ぐらいまでだとして)。後半はあまり乗り切れなかったですが『三体』と重なり合う部分もあるしエピローグはいい雰囲気なので読んで損はないです。
『三体X・観想之宙』は宝樹さんという「三体」シリーズの大ファンが書いた「外伝」(というかファンフィクションです)。こちらは読んだときの感想が残ってたのでいまさらですけどせっかくなのでアップロードしときます。

宝樹『三体X・観想之宙』 "The Redemption of Time" を読みました

宝樹『三体X・観想之宙』 "The Redemption of Time" を読みました

日本で『三体』ブームが吹き荒れる中、アメリカでは『三体X・観想之宙』(宝樹)が "The Redemption of Time" として英訳されたので読みました。
翻訳は今回もまかせて安心ケン・リュウです。

これはいわゆる「ファン・フィクション」です。
熱烈な劉慈欣ファンによる二次創作が公式に(?)認められて『三体』と同じ出版社から発行されてしまったというものです。

「三体」シリーズ3作目にして最終巻『死神永生』を読んだ2日後に第1部を書き上げ、3週間後には全編ネットにアップロードしていたというのですからとてつもない情熱です(英訳版にあたって作者の宝樹さんが、序文を寄せているのですが、中国で『三体』がどれほどの熱気に包まれていたか伝わってくるとてもよいものでした。宝樹さんは発売当時ベルギーにいて購入できず、あまりの読みたさに友人に全ページ写真に撮ってメールで送ってもらったそうです)。

さて肝心の内容なのですが、ぼくがあまり事前情報をいれてなかったので驚いたのですが、意外なことに長編ではなく3作の中・短編プラスアルファという構成でした。
共通点はどれも『死神永生』にまつわるエピソードなのですね。
以前ぼくが「最先端に躍り出たワイドスクリーン・バロック」と評したように『死神永生』は驚天動地の物量大作戦な内容で、当たり前なのですが結果として書かれなかった謎や設定が大量に存在しています。
それを補完するのが本作『三体X』の第1部、第2部(小説の形式ではありますが、どちらもほぼ対話だけで構成されてます)と、「実際のところ全宇宙を巻き込むレベルの戦いってどんなのよ」をほんとに書いた第3部、そしておまけに「『死神永生』のあとってこんな感じなのかな」の「コーダ」と、さらにおまけでその先を断片的に描いた「ポスト・コーダ」にわかれていていちおうつながってるのですけど、長編という感じではないです。

読みながら「なるほどー。こういう設定だったのね」「あ、実はそんな理由だったんだ」と読みながら、あまりに緻密に練られた『死神永生』の構造に目からウロコが落ちまくるのですが、最初に述べた通りこれは「ファン・フィクション」なので、信じられない説得力にもかかわらず



すべて後付けです!



マジかよ。納得しちゃったじゃん。
ぼくが『死神永生』を読んだのは発売直後だったので

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「光速」や「次元」といった「普遍の物理法則」や、「歌者(Singer)」や「二重のメタファー」そして何より「主人公の(あまり納得のいかない)判断力」をはじめ書きたいことはたくさんあるのですが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、当時あまり踏み込めずに羅列にとどめていた疑問点にはすべて解答が書いてありました。
それどころかなぜ「智子」があのようなことになったのかまでしっかりと説明されています(しかもこれがまさにバックグラウンドまで「オレたち万歳」なものなので日本人は必見なんじゃないですかね。劉慈欣さんはこれOKしちゃダメだろとは思いますが)。
これがすべて後付けだなんて。

『死神永生』のアンサーみたいな小説なので単独では成立し得ないのですけれど、ここまで高度に組み立てられてしまうと感動すら覚えます。かといってまじめすぎず、ファンならではの遊び心もふんだんに入ってます(それがどれもあきらかに劉慈欣さんよりも若い世代なのが伝わってくるもので、作中に出てくる日本のイメージもだいぶ異なって、ああ作者若いんだなと思いました)。

まあ、とはいえファンゆえにあのラストが書きたかったのもわかるけど「ポスト・コーダ」は蛇足だったかな。

沼の王の娘

カレン・ディオンヌ『沼の王の娘』を読みました。


最近とみに集中力が落ちてきてなかなかフィクションが読めなくなってきてるのですが、『魔眼の匣の殺人』だったか『カッコーの歌』だったかあたり以来、ようやく娯楽文芸にたどり着きましたよ(ちなみに今のところ今年のぼくのベストは『カッコーの歌』です)。

 

『拳銃使いの娘』に続く本年2冊目の「犯罪者の娘」ものです。『拳銃使いの娘』(これはすばらしい出来です)とだいぶ趣きは異なりますが、こちらもとてもおもしろかったです。
前者は脱獄した父と逃避行に出る娘ですが、本作は脱獄した父を狩る娘(もちろん父のハンティング技術は英才教育ですべて習得済み)です。

 

ほらこの設定だけでもうまちがいないでしょ。

 

あえて不満をあげると、現在と過去が交互に語られるのですが、過去の比重が高く感じたのでもうちょっと後半の父娘の駆け引きが長くてもよかったかも。
それにしても最近現在と過去のザッピングで進める形式をよく見かけるのですけど、どうなんですかね。なんらかのしかけがほどこされてる場合は別ですが、著者の作意というか情報コントロールの都合が透けてる感じがしてあまり好きではないのですけど。はやってますよね。

 

なので、本作だと現在パートのターニングポイントまでを第1部、過去パートを第2部、現在パート残りを第3部だと完全にぼくの好みになります。

 

とはいえこれだけヘビーな内容にもかかわらずあっという間に読んでしまいましたので、おすすめです。

 

なんとか仕事に活かせそうな(?)読書ができましたが、広い心で解釈してもやはり10冊に1冊ぐらいなのかも。とほほ。

 


最近読んだ英語の本

(最近ブログの更新ができてないのでFacebookにぽちぽち書いてる本の感想を転載してみることにしました)

会話の流れで、数年前にアメリカで翻訳出版された(元はアラビア語です) Ahmed Saadawi "Frankenstein in Baghdad" のおもしろさを力説したところなんとなく相手に伝わったので今日はよい日だった。『バグダッドのフランケンシュタイン』というタイトルのままの内容ではあるのですけど、「死者を寄せ集めて生まれたフランケンシュタインの怪物」という幻想の技法で現代のバグダッドをあぶり出す感じ。あるいは現代の百鬼丸。

でもそのあと Seth Fried のデビュー長編 "The Municipalists" のあらすじを「人間とAIのバディがテロリストと戦う『攻殻機動隊』や『ブレードランナー』の系譜」と説明したらこちらも「それどうやってもおもしろいやつじゃ…」となったので、もしかしたらぼくのSF脳が設定のゆるさに耐えられなかっただけでほんとはおもしろいのかも、と一瞬思ってしまったけど、ほんとにSF的理屈が薄くて AI バディの OWEN が万能すぎて、でも結果として映画的なページターナーに仕上がってるので、これはこれでよかったのかな。どうなんだろ。
ネットの感想みたら(ひととロボットのバディものの)アイザック・アシモフ『鋼鉄都市』を連想されてたので翻訳されたあかつきにはタイトルを『凍結都市』にしてもらいたいですね。まあ著者インタビューで "The Municipalists" がすでに「市制当局者たち」となってたので、このタイトルでそのうち翻訳されるのではないかしら(出るとしたら新潮クレスト・ブックスかな)。


あとまた新人作家の初短篇集ですけど Amy Bonnaffons "The Wrong Heaven" はとてもよかったです。それこそ上記 Seth Fried の短篇集 "The Great Frustration" をちょっと思い起こすような。こっちのがひとを食ったようなユーモアが強くて好みかも。

全然SF読んでないな。たまには読まないとと思ったけど、ネットで呉座勇一と論争してるのを見かけたので井沢元彦の「信濃戦雲録」シリーズを再読することにしました。






読んで、語り伝える

ここはいちおう職業としてはアニメプロデューサーの書いているブログなのですけど、アニメの記事はあまりありません。

 

なので、ぼくのブログに検索でたどりつくワードで一番多いのはアニメ関係ではなく、最近だとだいたい「三体」や「劉慈欣」つまりSF小説です。しかも中国の。
話題の割に言及してるところが少ないからでしょう。

 

以前は本について書くとてきめんにアクセスが少なくなるのでSFやミステリについてあまりふれていなかったのですが、まあアクセス数といってももともとの分母も小さいですし、たまにですがお会いするかたに本の感想を参考にしてますといわれてちょっといい気分になったりすることもあって、なんとなくここしばらくはおもしろかった本について書くようにしています。

 

自分をふりかえってみると「この本おもしろいよ」という話題で重要なのは、本そのものよりも「その発言をしたひとが誰か」でありました。つまり「このひとがおもしろいというなら読んでみたい」か「読み手として信頼できるか」で、まあどちらでもだいたい同じ意味です。

これがさらにあいまいな「SF/ミステリおもしろいよ」といわゆる「ジャンル」の話であればなおさらで(ジャンルは玉石混交ですからね)、発言者が大事です。

なので、「中国の傑作SFが英訳された」とブログに書いてあるのを読んで「よーし英語で読んでみよう」と思うひとはあまりいらっしゃらないと思うのですけど(だから今まではあまりブログで本の話題をしてなかったわけで)、それはそれとしてぼくが楽しくSFを読んでいること自体はほんのわずかであっても「本への興味」にプラスなのではと考えなおしまして、なるべく楽しそうにSFやミステリを中心に本について語っていこうかなあというのが最近の心境です。

 

もしこのブログを読んだことがきっかけで、ひとりでも「本を(SF/ミステリを)読んでみようかな」と感じたかたがいらっしゃれば幸いです。


アニメの企画プロデュース会社

電撃文庫の三木一馬さんの起業がニュースになっていて、さすが敏腕編集者さんすごいなあとさっそく株式会社ストレート・エッジのサイトを拝見してたら事業内容に

「アニメーションの企画、制作、制作管理、宣伝及び投資」

というのがありました。






「なんだこいつ敵じゃねえか!!」







そんなこんなでふとアニメの企画プロデュース会社ってどれぐらいあるのだろうと気になって検索してみました。
ぱぱっと検索してみただけなので抜けも多そうですが、それでもけっこうあるんですね(ご指摘あれば随時追加します)。


有限会社アンバーフィルムワークス
http://www.amberfilmworks.com/

有限会社イー・イー・ジェイ
http://www.eej.co.jp/

株式会社インフィニット
http://www.infinitedayo.jp/

株式会社EGG FIRM
http://www.eggfirm.com/

株式会社オッヂピクチャーズ
http://oggipictures.jp/

株式会社おっどあいくりえいてぃぶ
http://oddeyecreative.com/

株式会社ジェンコ
http://www.genco.co.jp/

株式会社ツインエンジン
http://www.twinengine.jp/

有限会社バーナムスタジオ
http://barnumstudio.com/

LMD株式会社
http://lmd.co.jp/

 

煙草と悪魔

WHOが映画の喫煙シーンを成人指定するよう勧告したと話題になってました。

http://www.cinematoday.jp/page/N0080024

こちらはこのブログで9年前の2007年2月に書いたものです。
(いちおう追記しておくと最近はこれを書いた当時ほど喫煙シーンの描写にきびしくない印象です)

2次元を超えて

で、この手の話題に必ずつきまとうのが影響はあるのかないのか問題です。
その点につきましては2013年8月のこちら。
「非実在児童ポルノ」みたいな単語が話題になってたころなのですかね。
ちょっと長いですが。

瞳の中のアンファンテリブル


「映像に影響力はあるのか」といわれれば、みなさん「ある/ない」とおっしゃりますが、アニメでごはんを食べている里見としては「あります」としかお答えしようがないので困ります。
これを否定すると、映像を見せて商品を購入していただくCM(ひいてはそのスポンサー料で番組を制作しているテレビのビジネス)が成り立ちません。かつてはアニメも「30分のコマーシャル」と揶揄されてきたようにおもちゃを売るために制作されてきました。今は多様化していますのでおもちゃとは限りませんが、映像制作費を回収するためのマーチャンダイジング的な何かが存在しています。でないと継続的に映像制作ができないですからね。

それなのに今さら「映像見ても何も影響ないですよ」とか「教育的にいい影響はあたえるけど悪い影響はあたえないですよ」みたいなことは口が裂けても申せません。
ただ「きれいなものだけ見せて育てる」のはなかなか困難です。朝起きてから寝るまでで視野に入るものの何割が「映像」か考えていただければわかるように、影響力のほとんどは「映像」ではなく「周囲の環境」から受けています。

とはいえこれも世の流れですから、流れに掉さす派のぼくとしては「過去作は尊重していただきたいが、これからつくられる映像について喫煙シーンをなくしていく方向で」とか「成人指定はやりすぎだけど、ポスターに喫煙マークを明記しましょう」あたりでうまく落ち着くとよいかなあと思います。

HP更新しました

ずっと放置していたHPを更新しました。

http://barnumstudio.com/

実はこのブログ以外にHPも持っていたのです。
今まで3か月〜半年に1回ぐらいの頻度で更新してたのが、ここんとこ1年ぐらいすっかり失念してました。
ご覧のとおり里見の備忘録的なものでたいした情報も載っていないのですが、更新されないHPに不信感を抱かれ新規のクライアントさんをのがしている可能性もゼロではないですからね。

おもな更新点ですが、「Works」を2015年まで作成しまして、ライデンフィルム案件をはずしてバーナムスタジオ案件だけにしました。結果2013年以降はライデンフィルムのお仕事が多いため、バーナムスタジオとしてかかわっているタイトル数が減っています(合わせて記載してもいいかなとちょっと思いましたが、それはそれで個人会社であるバーナムスタジオタイトルとしてはある種の「水増し」なのでやめておきます。ライデンフィルムのタイトルはお手数ですがあちらのHPでご確認ください)。

また半年後ぐらいに更新しようと思います。

谷甲州『コロンビア・ゼロ: 新・航空宇宙軍史』

全然日本SFの話を書いてないなーと思いましたが、決して読んでないわけではなくて。

でも一番おもしろかったのが谷甲州の『コロンビア・ゼロ: 新・航空宇宙軍史』という自分の進歩のなさというか、さすがにまあ書くまでもないよなと。

つい思っていたのですが、よく考えたら最近の谷甲州作品はぼく的にはつらいものが多くて優先順位が下がっておりました。ところが一昨年出た『星を創る者たち』はおもしろかったのですね。ということはぼくが好きなのは「昔の谷甲州」なのではないかと。
その「昔の谷甲州」の代表作「航空宇宙軍史」を「今の谷甲州」が今の文体で書いてしまうのかと、桑田次郎の『エイトマン』の描き足されたラストとか『妖星伝』の最終巻とかいろいろよぎって……
不安8割ぐらいでおそるおそる読みはじめたらあらびっくり。

まごうかたなき「航空宇宙軍史」の正統続篇でありました。

ずるいよねこの「新たな戦いへの序曲」的短編集は。中高生のころから「航空宇宙軍史」シリーズを読んできて、その後20年待ってたごほうびみたいなつくりですもの。

あと何冊出るのかわかりませんが、高校生のころのわくわく感でお待ち申し上げております。

サファイア楊令伝

歴史上の人物を女性にするのがはやってるので、天使のいたずらで男女両方の心を持ってしまった男装の麗人が梁山泊を率いて宋と戦う『サファイア楊令伝』というのを考えてみたのですが、楊令は架空の人物でした。残念。

| 1/87PAGES | >>
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.