終わっているは終わっていない

ここ7〜8年ぐらいでしょうか。
アニメのいわゆる外野のかたからたまに「アニメの製作委員会方式は終わった」とか「アニメのビデオグラムビジネスは終わった」と直接/間接的にいわれます。「製作委員会方式のビデオグラムで投資を回収するアニメ」で生活しているぼくに対してそのようなことをおっしゃる意図は判じかねるのですが、どういうわけか何年経ってもいまだに終わっているはずの「製作委員会方式のビデオグラムで投資を回収するアニメ」をつくる日々を過ごしております。

これはどういうことなのかというとここでいう「終わっている」は、分析や思考の蓄積の結果として導き出される本当の意味での「終わっている」ではなくて
「通ぶりたいときにはとりあえず終わったといっておけ」の法則で、これはアニメに限らずあらゆるジャンルで発生するものなのだと思います。
なぜかといいますと、知識と興味の不足を認めたくないときに、知識/興味を埋め合わせる簡便な思考法だからです。
単に「知らない/興味がない」より「終わっている(から知らない/興味がない)」のほうがカッコいいですからね。

だからマンガでも音楽でも「あれ/あいつは終わってるよ」といっておけば、何も語らずにすみますし何か語った気になれるので便利です。

(さらに「基本的帰属錯誤」と呼ばれる人間の「バイアス(偏向)」なんかもあって、あまり深く考えずにアニメ業界内側の問題に押し込めておいたほうが楽というのもあるような気もします。この「対応バイアス」の顕れは最近の自己責任論や炎上ブームのけっこう重要なポイントでもあったりするのですが長くなるので割愛)

で、何を申し上げたいのかというと「終わっている」とおっしゃるかたに、どうしてどのように終わっていて、なぜ終わっているはずなのに現実ではこれだけの本数アニメが製作され、ビデオグラムが発売され続けるのかご説明を求めても、結局突き詰めると「知らない/興味がない」にしかたどり着けないのでしかたないという話であります。

アニメに限らず何事も現在進行形で「終わり」を告げるのは、厳正な預言者か祭り好きのデマゴーグか悲観的な理想家か、半可通と思っておいてよいです。

もちろんそのほとんどが半可通です。

なぜそのように断言できるかといいますと、ぼくがアニメで生活をし、日々ひたすら考えているからです。ビジネス畑のかたよりも官僚よりもメディアの記者よりもブロガーのかたよりも時間を費やして考えてます。

「終わっている/終わっていない」は個人の感想だから無意味だよ、実際の数字はどうなってるの? というかたにはたとえば JVA の統計調査なんかがありますのでそちらをご覧ください。

ビデオソフトの市場別、ジャンル別の売上金額の推移等( .pdf)
http://www.jva-net.or.jp/report/genre_sales.pdf

2000年代なかばにビデオグラム全体のピークがあること、レンタル産業がゆるやかな衰退をしていること、洋画が苦戦してること、音楽(のライブ盤やミュージッククリップ)が急拡大してること……いろいろなことが読み取れると思います。
アニメのビデオグラムがすでに終わっていることを読み取るのも可能かもしれませんが、グラフからは2000年代に盛り上がったものが10年前の規模に戻ってここ数年安定しているように見えるので、その結論にはかなり詳細な分析が必要でしょう。

とはいえ娯楽全般において停滞は死に等しく、たちどまれば「終わって」しまうリスクは高まっていきます。その意味で現状を楽観的に肯定してしまうのは、思考を経ない「終わっている」と同様の愚であろうと思います。
そして矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、ぼくも「終わり」に向かっている危機感はあります。それもかなり強く。変化し続けることが求められる業界の状態は安定を嫌うが故に常に流動的です。
なので結論は以下のようになります。

「今んとこまだ終わってないよ」



『逆襲のシャア』について

なぜか『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』がにわかに盛り上がっています。

(※ラストまでネタバレしてます。ご注意を)



とりあえず未見のかたの興を削がないよう埋め草としてぼくのお話でもひとくさり。


ぼくは実はあまりガンダムシリーズを観てませんし、それほど思い入れがあるほうでもないのですが、この『逆襲のシャア』(通称『逆シャア』)はかなり好きだったりします。

とはいえそれは「ちゃんと観た最初のガンダムだから」でもあるので、以下の内容についてはかなりの偏りが含まれることをご諒承ください。

さて予防線も張ったところで。

『逆シャア』は1988年に公開されたガンダム初の完全オリジナル映画です。

ということはロードショー当時ぼくは中学生。テレビで放送されていたガンダムは『ΖΖ』だったはずですが、新潟では放送されてなかったように記憶しています。なのでガンダムに思い入れの持ちようもなく映画館では観てません。観に行った友人の感想もあまりかんばしくなかったので印象としては映画館に描かれたカッコいいビジュアルイメージと主題歌を歌っているのはTM NETWORK、程度のものでした。

弟がTM NETWORKのファンだったかなんかでレンタルビデオを観たのが初見で、たぶん高校生になってたんじゃないかなあ。

最初の『機動戦士ガンダム』はしょっちゅう再放送してましたから、アムロ、シャア、ブライトあたりは知ってますが、他の登場人物はまったくわかりません(その後『Ζガンダム』『ΖΖガンダム』を観てほんとにみんな初登場のキャラだらけだと知って驚くことになります)。
なんとなく「こんなキャラなんだろうなあ」と知らない前提で観てたのでかえってよかったのかもしれません。「こんな情けないおとなになって」みたいな失望もないですからね。

クライマックスのアムロとシャアの問答も「ああ、これでTVシリーズの因縁が解消されたのか」と思ってました。
つまり「よくわかんないところ」は「観てないから知らないところ」と思って観ていたのです。


まさかいまだによくわからないとは!


だからそのときはちゃんとストーリーを理解していたわけではなく、ただモビルスーツ(特にファンネル)の動きに魅了されていただけ、ということになるのですが、おかげで今でも『逆シャア』はぼくにとってモビルスーツ戦がカッコいいガンダム、です。

で、今ぼくの視点で『逆シャア』を観ると何がすごいのかという話ですが、


戦争の開始から終了までが二時間で描かれている


ということにつきます。
これは映像の魔法だと思います。
戦争映画は数あれど「戦争を最初から最後まで」ってあんまりないのではないかと思うのです。どうなんだろ。あんまり映画にくわしくないので断言はしませんが。

観ている最中は情報量が多いとは思いつつも、それをおかしいと感じないのです。
つまりこの映画は何かが幾層もいびつに折りたたまれていることになります。ときとして戦争を描いてるのかどうかすらも怪しく感じられます。
実際よくわからないセリフが多いですからね。

で、あんまり長くなってもなんなので(←ちょっと飽きてきた)。



謎の多いラストで何が描かれているかに絞ると、

「ならば、今すぐ愚民のすべてに叡智をさずけてみせろ!」(シャア)

「だから、世界に人の心の光を見みせなけりゃならないんだろ!」(アムロ)

で、それを可能にする唯一の条件は

「これ(サイコフレーム)と大尉(アムロ)のサイコミュと共鳴して未知数の機能が引き出される」(チェーン)

ですので、

「サイコミュとサイコフレームとアムロ」=「νガンダム」

となります。
実際はこれと逆の順序で
「戦闘用のロボット一機で、ニュータイプが、人類を救うにはどうすればよいか」
でサイコフレームの機能が決まりνガンダムが整えられていったと想像されますが……。

そして「人の革新」の対義として言及され続けてきた「地球の重力」という軛の象徴に実体を持たせたアクシズにνガンダムが立ち向かうとき、人はガンダムを通じて共振を起こし「人の心の光」がついに出現、結果(革新はいまだならないが)人が重力に抗うという「ナンセンス」な行為に「やってみる価値はある」ことが示されます。

だからラストでサイコフレームは意思を持つかのように重力に逆らい宇宙へと飛び去り、可能性の残光は地球(人類)を取り巻き続けたのだと。

そんなラストなのだと今の時点では理解しています。
しょっちゅう変わるのであくまで今の理解ですけど。

でもその謎めいたところが『逆シャア』の大きな魅力のひとつなのだと思います。観たひとの数だけ解釈があっていい作品です。



同時に流れていてより中心をなす「男と女の物語」はまた別の機会にでも(たぶんないけど)。



『ハーメルンのバイオリン弾き』のDVD-BOXを(家の中で)見つけたので観てみました。


今さらの説明しておくと『ハーメルンのバイオリン弾き』は西村純二監督・今川泰宏シリーズ構成&脚本・中嶋敦子キャラクターデザイン・スタジオ・ディーン制作のTVアニメです。

ギャグとシリアスが交錯する原作から完全にギャグをスポイルしてハードなドラマに「翻案」し、止め絵・ハーモニーを多用する演出と相まって当時かなり賛否が割れていた記憶があります。

個人的には今川泰宏作品の中でもトップクラスに好きなアニメです(監督じゃないけど)。

といいつつオンエア以来の視聴。
アニメの技術進化は著しいので、今の目に耐えられるのかちょっと不安だったのですが……。


全然大丈夫だ!

元々動きに依存してないのが奏功してる!
なんといっても豪快な脚本がいい!

もちろんセル作品なんで作画のクオリティは昨今のデジタルアニメには及びませんが、レイアウトが静止画で見られることを想定していたせいか、やたらカッコイイ!
特にサイザーはキャラ映えするなあ。デザインもカラーリングも秀逸だし。

あと、印象としては「あれ? こんなに動くの? もっと紙芝居的だったような……」というのもあります。けっこう動いてます。知らないひとが観たら動かないアニメではありましょうが。

楽器の演奏を表現するのってアニメではとてもむずかしく、かつ地味なのであまり苦労に見合わない(だから『けいおん!』に驚いたわけで)ので、小林プロのハーモニー+田中公平のオーケストラサウンドというのは今思うと正解だったのだなあと。

あ。ハーモニーってキャラクターが背景の絵になるアレです。出崎作品でよくやるやつ。

要所だけグリグリ動かして会話シーンは口パクすら省く極端な演出には潔さすら感じます。
こりゃ賛否割れるはずだ。

こっちにアニメが進化してたらより歌舞伎化してたかもなあ。

え? 内容ですか?
それは自分で観てください(←ヒドイ)。
『デビルマン』とか『鋼の錬金術師』にも通じる壮大なドラマです。もったいないことに後半がかけ足になりますので、それだけ覚悟しとけば絶対後悔させません。かけ足っていっても『ヤマトタケル』ほどかけ足じゃないので安心してください。



紅蓮☆螺巌


DVDが発売されたので、毎日『天元突破グレンラガン 螺巌篇』を観ております。
何度観てもぐったり疲れます。
ほんとすごい作品です。

ぼくがこのアニメにどれぐらい熱狂していたかは
この前後のブログを読んでいただけるとわかると思います。

http://blog.barnumstudio.com/?eid=1186201

グレンラガンと出会えてほんとによかったです。



『未来少年コナン』を観はじめました。

今さら、ですが。
実は『コナン』ってどんな話なのかよく知らないのです。
というのも本放送でしか観ていなくて、おもしろかった印象だけがあってそのイメージが壊れるのがいやで再放送があっても一切観ていなかったのです。

で、それから30年。

あまっていたエモーションのファミリークラブポイントでDVD-BOXを入手してほったらかしてあって、周囲も「『コナン』なら今観てもOKだよ」と言うのでだまされたと思って見直しているわけです。

今6話まで観たのですが、シーンはけっこう覚えてます。
こどもは話で映像を観てないってことですかね。随所で「あー。このシーンってこんな前後のつながりなのか」と記憶を新たにしながら愉しんでます。

未来少年コナン 30周年メモリアルボックス (期間限定生産) [DVD]
未来少年コナン 30周年メモリアルボックス (期間限定生産) [DVD]

ゼロ年代の焦点

この10年のことをゼロ年代っていうらしいですね。
80年代、90年代の次はなんて呼ぶんだろうと思っていたのですが、なるほど。

やっと区切りを表す言葉を知りましたので、脚本家の玉井☆豪さんと話をしている中、ゼロ年代を代表するアニメは『天元突破グレンラガン』ですなぁとさっそく活用したりしてみました。玉井さんは「社会現象とかって意味じゃなくて内容であれば納得」とおっしゃってました。
それにしても90年代のアニメがおかしいのですよ。
『疾風アイアンリーガー』があり『ロミオの青い空』があり『ナンとジョー先生』があり『機動武闘伝Gガンダム』があり『ハーメルンのバイオリン弾き』があり『カウボーイビバップ』があり『美少女戦士セーラームーン』があり『新世紀エヴァンゲリオン』があり『天空のエスカフローネ』があり……もう時代を代表する作品目白押しです。

そんなわけで悩み多い90年代も終わり、ゼロ年代は『グレンラガン』で決まりです。

玉井先生の「ハルヒがひと言も出て来ないのが里見っぽいね」という言葉が印象的でした。

徹夜の準備

長丁場になることが予見できましたのであらかじめ帰宅して『天元突破グレンラガン 紅蓮篇』を観ておきました。
これで徹夜も無問題。
個人的には『エヴァ』の次の10年を代表するアニメだと思います。

劇場版グレンラガン 紅蓮篇 【完全生産限定版】 [DVD]
劇場版グレンラガン 紅蓮篇 【完全生産限定版】 [DVD]
Various Artists


で、『螺巌篇』はいつ出るのかね。あとBDも。

うしゃあ、観終わったぁ2!

『天元突破グレンラガン 螺巌篇』観ました!!

なんと絢爛たるゲッターロボ!!
なんと壮絶たる虚無戦記!!

なんと正統なる石川賢サーガの継承者!!


物語開幕当初は「ガリアンのドラマ+ザブングルのキャラクター」なのかなと思ったのですが、いつの間にか壮大な石川ワールドへ。既存のロボットものだと『勇者王ガオガイガー』あたりが近いのかしら。まぁそんなことはどうでもよくて。

どこまでもハイテンションでどこまでも大風呂敷を広げてひたすら叩きつけてくる感じ。これを毎週TVで放送してたの? とんでもないなぁ。

ゲッター線を浴びて業界に入った方々が放った強烈な螺旋、このドリルに魅せられた少年・少女たちが10年後うっかりアニメ業界に入ってくるであろう確信を持ちました。それだけ力のある作品だと思います。

TVシリーズを朝まで観てそのまま劇場に足を運んで『螺巌篇』に突入したのですが、まったく問題ないです(『紅蓮篇』だったらちょっとキツかったかも)。内容は同一であるにもかかわらずもはや総集篇ではなくて完結篇ですね。これは観た方がいいです。マジで。どうなるかわかってても泣きます。映画観る前にパンフ買っといてよかったぁ。後だったらとても買えないよ。


「これからはCGだよね」とかしたり顔でのたまってる場合じゃなかったです。

これも買うべきなのか迷い中(収録時間5分かぁ)。

天元突破グレンラガン キラメキ☆ヨーコBOX~Pieces of sweet stars~ [DVD]
天元突破グレンラガン キラメキ☆ヨーコBOX~Pieces of sweet stars~ [DVD]

うしゃあ、観終わったぁ!

徹夜で何をしているのやら。
ハイパーインフレアニメでした。最終話のサブタイトルはGAINAXの伝統に則って「天の光はすべて星」。SFはほんといいタイトル多いよなぁ。

お、『螺巌篇』池袋9時50分の回なら午後からの仕事に間に合うじゃん。
ちょっくらひとっ風呂浴びてから映画館行ってきますわ(←ばか)。



09:10追記
張り切って池袋に早く着きすぎてしまい時間つぶそうと思ったらあちこち禁煙で弱り果ててしまうものの、11時以降禁煙のKFCを発見して事なきを得る。午後の回だったらと思うとぞっとします。

GWの過ごし方。

SFセミナーで中島かずきさんとお会いしたので、今ごろ家にあった『天元突破グレンラガン』を観はじめる。

すげーおもしろい。


が、なぜオレは5巻までしかもっていないんだ?

半端すぎるぞ、当時のオレ。観てないDVDって途中で買い忘れるよね(言い訳)。というわけで残りをamazon.jpで注文する。
感想は最後まで観てからになりますが、とてもよいアニメであります。
なんとか『螺巌篇』公開中に観終わりたいものです。

劇場版グレンラガン 紅蓮篇 【完全生産限定版】 [DVD]
劇場版グレンラガン 紅蓮篇 【完全生産限定版】 [DVD]


忌野清志郎の訃報をSFセミナーで聞いたのですが、そういえばhideの訃報もここで聞きました。ちょっと気になって調べたら命日はふたりとも5月2日なのですね。
日本語をロックに解き放った偉大な方だと思います。

| 1/6PAGES | >>
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.