泣かずにいられない

GDHの経営再建とかどうでもいいです。
そんなことよりデイブがぁ。

鈴木いづみが好きなら必ず知っている(←順序が逆)本牧の本格派、もはや伝説の域にあるザ・ゴールデンカップスのリーダーです。当時の音楽の最先端にいたひとたちだと思います(音楽あんまり詳しくないけど)。
ときどきiPodさんがシャッフルしてくれてますが、今聴いてもやたらカッコいいです。これをリアルタイムで聴いたらそりゃ痺れるでしょうね。映画のおかげでCDも簡単に入手できると思われます。もう「ワン・モア・タイム」はないわけですが。



ご冥福を。

コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.