時間は螺旋。

少し前に電気グルーヴ目当てでGAN-BAN NIGHTというクラブイベントに行ったのです。で、この前チケットぴあからのメールに「次のGAN-BAN NIGHTにCaptain Funk(!!)が出る」ということが書いてありましてですね、なつかしくなって本日、仕事が終わってから渋谷のWOMBに行ってしまいました。ほんと『Songs of the Siren』は名盤です。
てゆうかいいかげん寝ろよ、オレ。

RYUKYUDISKOや80kidz、The Samos Mobile Setといった新しい世代(里見があんまりクラブに行かなくなった後の意)に驚嘆しつつ、もちろんCaptain Funkもなつかしく堪能し、周囲の若者のエネルギーに圧倒され、とても楽しみましたことよ。デーモン一族があっという間に人間のカラダを乗っ取っても不思議じゃないです。やっぱり時代とともに変わっていくものと変わらないものがあるのだなぁなんてことを思いました。で、SUGIURUMNぐらいから白人の方が「ちゃんとお金を払うからお尻を貸してくれませんか」というような意味のことをよくわからない英語で言いながらつきまとってくるのにぐったり疲れ果てて、すごすごと撤退(英語よくわかんないんでもしかしたら違うかもしんないけど)。シークレットゲストって誰だったのかしら。芹野貴之さまおつかれさまでした。

コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.