スはスピードのス

買わない理由が思いつかない。

もちろんiPhone3G Sの話ですよ。

ハードウェア的にどれぐらい高速化したのかよくわからないのは気になりますが、SはSpeedの略ならば遅くなるということはないのではないかと。日常つかうものなのでストレスはない方がよろしいです。というわけで実はあまり語ることもなかったりします。入荷が潤沢であればすぐに購入しますし、また品薄になるようであればしばし待ちます。今でも不自由はないので。

今回のトピックとしてはMacBook Airの大幅値下げ(ですよね。SSD128GBモデルで20万円を切るなんて……。里見が学生のうちにもう1回モデルチェンジしたら購入してしまうかもしれません)とMacBook Proの拡充(というかMacBookが減っただけ)でしょうか。もうMacBookって呼べばいいのに。VAIO TypeAのおかげで大きなディスプレイの魅力に気づきましたので1年後にはもしかしたらMBPを選択しているかもしれません。1kg軽くなると思うとだいぶ楽になるし。

ちょっと気になるのは何も発表のないiPodの行く末ですかねぇ。クラシック的な方のことです。もう容量を競う時代ではないのはわかりますが大容量のDAPは出し続けてほしいものです。そういえばiModも5.5Gで止まってますし需要がないのもわかりますがね。
でも最大容量は160GBが到達点であったことを思うとそれほど遠くない未来にSSDが簡単に超えてしまいそうですね。たぶんそのころには動画の再生に重きが置かれるでしょうからまた大容量が重視されるのではないかと思います。


>すずきさん。ついに6ドライバ(3WAY)ですよ。
 ↓
http://www.jhaudio.com/promusic/

コメント
>買わない理由が思いつかない。
名言ですね。僕も今回は買うと思います。

が、それ以上にAirの値下げに驚きました。
ちょうど父親と「20万を切れば・・・」なんて話をしていたものですから。

iPodは個人的にはもっと大きな容量が欲しいですね。
僕の160GBクラシックはもう容量がいっぱいになってしまいました。
SSDで512GBくらいあればもうしばらくは安心できそうですが。
  • 居飛車惜しむ
  • 2009/06/10 5:19 PM
里見は初代のHDDタイプをを使ってますがAirはとてもよいですよ。急がないのであればSnow Lropardになってからの購入のがよいと思います。それにしてもSSDの普及速度には驚かされます。

映像を持ち歩くようになれば1.0TBぐらいまで増えるんじゃないですかね。と無責任な予想。
  • satomi
  • 2009/06/10 5:34 PM
1Kgは全然違いますよねー。
しかし、Macにはハイエンド機でもBlu-rayが付かないという悲しい現実が…。あれだけ払ってDVDかよ…みたいな。
1年後くらいには対応してくれてますかね。そしたら魅力的に見えてきますね。
1kgといえばモバイルPC1台分ですからね。さらにつけ加えるとTypeAはアダプタも容赦なく重い(900g強)ので、MBP17inchとMBA2台持ち歩く方が軽いかもしれません。

そうそう個人的にはそろそろBDドライブ搭載機になってほしいのですが、ロイヤリティ払わなきゃだし規約もめんどくさそうだし容量としては中途半端なのでAppleはスキップする気なんじゃないかと戦々恐々。
  • satomi
  • 2009/06/10 6:47 PM
今回のノート型Macのモデルチェンジ・・・。
13inchのMacbookをMacbookProに昇格させ、無理矢理FireWireを復活させたことに驚愕しました。
しかもFireWire800。
前13inchモデルを購入した自分って一体・・・。
  • なかいたけし
  • 2009/06/10 9:26 PM
聴いてはみたいけど、なんだかんだで15万円コースじゃないですか、これ。流石に厳しい。耳型とってアメリカに送るのも面倒そうだし。

今おんなじくらいのお金を使うという前提ならむしろ、ひさしぶりにポリカーボネートもいいなあ、とかいいながらMacBookを買ってしまいそうです。

わたくしの熱望していたiPod Touchの128Gモデル(乃至256Gモデル)はまったく音沙汰なしでありました。H264の640x480とか720x400とかの動画持ち歩くとなると、16Gを32Gにしたって全然足りないんだってば。

しかたがないので、年末商戦合わせの刷新を期待ということで。あとなかいさんにはわきからで恐縮ですが、衷心からお気の毒でしたと。

カラーリング以外は98年に出た初代とスペックがほとんど変わらなかった5色展開iMacと、商品としての狙いが特殊なAirを例外として、SCSIがレガシーになってからのここ10年で唯一まったくFireWire端子を持たないとても珍しいMacintosh...といってもまったく慰めにはなりませんでしょうねえ...。
  • すずき
  • 2009/06/11 12:02 AM
>なかいたけしさま

個人的にFireWire復活は驚きました。たしかにMacユーザーは外付けHDDなんかもFireWireですから資産を考慮すると正解なのかもしれませんが、正直ハイエンド(ノートなら旧MBPですね)ユーザー向けにだけ残して、ゆるゆるとUSB3.0を待っているものだとてっきり。iPodですらUSBになってるわけだし。ご愁傷様であります。


>すずきさま

ははは。両耳で計12個のドライバが連動するのですからしかたない値段じゃないですか。まさに好事家向けの一品。

そういえばiPhoneといっしょにモデルチェンジするものと思っていたtouchは何もありませんでしたね。部材の調達を考えたら同時発売のが理にかなっているはずですが。
もしかしたらブラック・フライデー合わせでiPhoneをもう一回スペックアップするよ、というシグナルなのか……。もしくはiPodファミリーが大きくリニューアルされるという前触れか。
期待して待ちましょう。
  • satomi
  • 2009/06/11 12:38 AM
あんなページを見てしまい、新しいiPod Touchも出なかったおかげでiMod熱再燃。

現有イヤホンの質を考えるに、耳型取りに走るより確実に音が変わるような気がするんですよね〜。どおしよおかなあ…おお、CP考えてるよ、おれ。

ところで結局よさげな寿司屋はありましたか?費用対効果など歯牙にもかけない(効果の最大化しか考えない)選択がなされたと推測されるわけですが。
  • すずき
  • 2009/06/12 10:37 PM
ちなみに先日申し上げた日本でMod化してくれる方のサイト。

http://www.oort-cloud.net/

ぼくのiModはRed Wine Audioのなので一概に比較はできませんが、やってることはいっしょですね。コンデンサは好みの問題なのではないかと。
音質が飛躍的に向上するかというと……うーん。E5cをはじめて聴いたときの衝撃には遠く及びませんけどねぇ。

あ、お寿司屋さんも決まりました。1万円を超える飲食にコストパフォーマンスがどうこういうのはナンセンスだと思うのです。
  • satomi
  • 2009/06/13 12:58 AM
そんでもiMod+真空管アンプ+ER-4Sで聴かせてもらったときはかなりびっくりしましたから、音の出所だけ置き換えるよりは費用対効果が大きいような気がして…。アンプをいろいろ選べるようにしておくと先々楽しめそうですし。

ナニ的にはiMod+iQube+JH-13 Proと即座に走るのが正しいんでしょうが、そこまでのお金はない。

iTunes+iPod環境を諦めるかどうか迷うくらい音のいいPDAPをどっか出してくれると面白いんですけどねー。

>1万円を超える飲食

贅沢に費用対効果を問うのは、それは野暮というものですね。ぼくが上でごちゃごちゃいっているのも所詮貧乏人の好奇心でスノッバリーにもとどいておらず、金に糸目をつけず素材の選定と回路の設計から始めさせるのがお金持ちの正しい贅沢だと思うわけです(自分で始めちゃうとマニアですかね)。
  • すずき
  • 2009/06/13 10:01 AM
iModとER-4Sとの相性はいいかも。iQubeよさそうですよね。高いけど。

この前出たウォークマンはどうなんですかね。ちょっと試聴したところけっこうクリアな感じで好印象ではありましたが。

1万円を超える飲食というのは、100万円を超えるスピーカーを購入する際、オーディオマニアが気にするのは予算の上限と音質だけだと思うのですという意味合いですかね。
  • satomi
  • 2009/06/13 10:57 AM
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.