『トランスフォーマー』観ました

とてつもなく時間が取れなくなると帰宅できなくなり帰宅できなくなると映画館でオールナイトを観てしまうの法則発動で『トランスフォーマー リベンジ』を観てしまいました。

うん。もうなんだね。アニメ要らないかもよ。巨大ロボットの見せ方も格段の進歩を遂げていて、確かに日本のロボットアニメ的な画もあったりしますが、圧倒的なCG技術の乱れ打ちにただひたすら驚愕であります。どうやって変形してるのかもわからん。ストーリーとかどうでもいいですね。前作もそうでしたが。日本のアニメの生き残る道はこちらではなさそう。というか勝ち目なさげ。
長丁場ですが、むやみやたらと出てくる超絶アクションシーンの連続にやられてけっこうすんなり最後までいってしまいます。


だが心配ご無用。
日本には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』があります。

コメント
前作を見てないので
とりあえずそれを見てから
T4とトランスフォーマーリベンジをハシゴしたいと思います

でも、その前にヱヴァ:破ですねw

大学で3DCGを主にやっている後輩は
「就職するとしたらアニメよりもゲームか実写です」
と言っていました
こうしてアニメ業界から人材が他へ流れていくのですね

  • onoren
  • 2009/06/23 10:57 PM
『T4』はご覧になる必要はないと思われます。よほどターミネーターに思い入れでもない限りは『T2』のBD版を観直す方が……。CG技術と映画のおもしろさは必ずしも直結しないわけで。特に『トランスフォーマー』と観較べるのは酷じゃないかなぁ。

もともと入ってきてない人材は、別業界に流れたわけではないのでOKです。いつかアニメのお仕事をするかもしれませんし。怖いのは才能のある方がアニメ業界に見切りをつけてしまうパターンですかねぇ。「アニメ」とせまく囲い込まず、何かしら映像に携わっていてくれさえすればいいのですよ。
  • satomi
  • 2009/06/23 11:09 PM
『トランスフォーマー』が偶然ロードショーでやっていたので、友人と一緒に見てみました。
全然期待していなかったのですけど、思ったより面白かったです。
友人いわく、「誰に聞いても『期待してなかったけど意外と面白かった』と言われた」そうなので、
僕らが『トランスフォーマー』という名前に妙なイメージを持ちすぎているだけで、素直に面白い映画なんでしょうね。
  • 居飛車惜しむ
  • 2009/06/24 1:41 AM
あれ?
世間のみんなはこれに期待しないで何に期待してるんですかね。スピルバーグ&マイケル・ベイで前作もストーリー度外視のびっくり映像ショーだったのに……。

『ハリポタ』とか『ROOKIES』とかなのかしら?

あ、じわじわとそんな気もしますね。

あと『ヱヴァ:破』が絶対の、そして決して裏切られない本命。

安心、安心。
  • satomi
  • 2009/06/24 1:52 AM
なんというか
エヴァも一応ロボットもの、ではあるんですよねぇ。

これほどまでに手法と方向性がちがうのにロボで括れば一応箱には入るのが面白いというか。


世間はT4!
すいませんうそです言ってみただけです
  • ari
  • 2009/06/24 2:59 PM
当時SFセミナーかなんかで、庵野監督が親戚にどんなアニメつくってるの? と訊かれると「ガンダムみたいなの」と答えているとおっしゃっていたような気がするのでロボットものにまちがいなさそうです(かなーりうろ覚えでありますが)。

CGがどんなに進化していったとしても「アニメでしか語れない物語」が存在する確たる証左である『ヱヴァ』が存在する以上アニメはしばらく安泰でありましょう。無論弊社は安泰ではありませんが。

『T4』は下手すると『ネバーエンディング・ストーリー3』ぐらいの存在感に……。
  • satomi
  • 2009/06/24 3:25 PM
ご質問なのですが、里見さんがに親戚にどんなアニメつくってるの? と訊かれると何と答えますか?
  • Y2J
  • 2009/06/24 5:58 PM
『深夜やってるアニメ』
  • satomi
  • 2009/06/24 6:03 PM
やはりCG技術の乱れ撃ちでしたか。『リベンジ』の製作費3億ドルはやはりハンパないですね。CPUとメモリのサイズが格段に違うっていう点ですら、アメリカ恐ろしい。

そんな中、スクエニやデジタルフロンティアやサンジゲンやオレンジや白組など、3Dにやや強そうな会社の方々には頑張って欲しい所です。ハリウッドに対抗しない方向だとしても。
  • クロムギ
  • 2009/06/25 1:10 AM
この映画にあるのは「大富豪のサイフ」と「少年の知性」だけです。トランスフォーマー・ザ・ライドと呼んでも過言ではない娯楽っぷりです。
アメリカ、恐ろしい国。

もちろん物量以外の道もいくらでもありそうですが、圧倒的な物量には「芋粥」的愉悦がありますよね。みんながんばってほしいですね。
  • satomi
  • 2009/06/25 1:34 AM
なんともいえないのですが
トランスフォーマーファンのための小ネタの多さと
それをとんでもないCGでやらかす具合がなんとも
(トランスフォーマー2010のCMとほぼ同じカット割りのシーンがあったり、スタースクリーム(笑)だったり)世界の映画ファンが喜ぶフィルムの中にピンポイントで日本人しか喜ばないネタを入れたりする所に強さがあるのではないでしょうか

でもエヴァ破は宣伝ムービーだけでも超絶作画すぎて日本は安泰です
  • ねおらー30
  • 2009/06/26 12:40 AM
残念ながら日本ではなかなか大ヒットとまではいかないと思いますが、道徳も哲学もなくひたすら「半ズボンをはいた少年のための映画」であることがすばらしいです。

『破』の特報映像はほんと超絶作画ですね。ふだんはこのカットの中割りがどうのこうのと小うるさい作画グルメさんも手放しで絶賛してました。
  • satomi
  • 2009/06/26 1:13 AM
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.