小伝馬町から今晩は。

新参者
新参者
東野圭吾

せっかくなので本の話題連投。日本人作家でもみんなに読んでもらいたい佳作と出会いましたので。
この『新参者』は東野圭吾の加賀恭一郎シリーズ(?)最新作です。簡単にご説明しときますと、この加賀恭一郎は東野作品の初期の頃から折に触れて登場する探偵役のキャラクターで、比較的冒険作(や野心作)に出てくる傾向があります。ですのでシリーズというよりは単独の作品の中の「読み続けてきた読者へのサービス」でしょうか。ですので他の作品を読んでいる必要はありません。
そして今回加賀は練馬署から日本橋署に「新参者」として転属になっていて、ちょうど小伝馬町で発生した殺人事件の担当としてあちこち聞き込みに回ることになります。そして行く先々でちょっとした小さな謎と出会い、加賀はひとつひとつ丁寧に解き明かしていきます。その一見殺人とまったく結びつかない小さな謎の積み重ねが、事件の核心へと導く構成の連作短篇です。
里見は東野圭吾のあまりいい読者ではなく、加賀恭一郎の登場する各作品もどちらかというと空回りを感じることの方が多かったのですが、今回は日本の情緒が色濃く残る浜町、人形町、そして小伝馬町を舞台にアクロバティックに走ることもなく、どちらかというと地味な事件をとりまくひとびとのゆるやかな円環を戸板康二や北村薫を彷彿とさせる円熟の技術で淡々とかつやさしく描いていてとても好感を覚えました。おすすめー。

コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.