『クォンタム・ファミリーズ』を読みました。

 ちなみに年越し読書となったのは『MORSE―モールス―』でございました。
もしかして空前のスウェーデンブームなのか。
これは英語版からの翻訳だけど。
原語から訳すのはやっぱりむずかしいのかしら。
『ミレニアム』みたいなふたりがかりでもいいから。
とてもよいモダンホラーでございました。
スウェーデン人の感覚って(おおっぴらなSEX関係を除くと)日本人とも近いのかも。『ミレニアム』のリスベットとか。本作のエリとか。最近の萌えブームの最前線みたいなキャラですよ、たぶん。ホラ―だけど。

で、その後は『クォンタム・ファミリーズ』を読んだりしてました。
とても端正でとても現代的で「密度の濃い山本弘」的読後感でした。
(道具立てはともかく)SFではなく今のリアルのようなものに肉薄しようとしているのが印象的です。ぼくが35歳だからかもしれないけど「仮定法の亡霊」っていい言葉だなぁ。SF的な設定はすべてこの「仮定法の亡霊」を浮き上がらせるために機能しているのでありました。
そういう意味でメッセージ性の強い小説だったと思います。
小説でなければいけないメッセージなので、とても好印象。

ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト
早川書房
¥ 819
(2009-12-30)

ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト
早川書房
¥ 819
(2009-12)


コメント
初めてコメントさせていただきます。
ラジオでSATOMI様を知り、いろいろとおっしゃられていた作品を買わせていただきました。
新しいものはアマゾンで。アイアンリーガーは何故かLDなので中古なのですが・・・

今回はMORSEをここから買わせていただきました。
今日来ましたのでいまから読みます。
楽しみです。
  • はちみつ
  • 2010/01/22 10:47 PM
ありがとうございます。

本の話題はブログで書いてもリアクションが少ないのでとてもうれしいです。
  • satomi
  • 2010/01/24 9:35 PM
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.