『ハーメルンのバイオリン弾き』のDVD-BOXを(家の中で)見つけたので観てみました。


今さらの説明しておくと『ハーメルンのバイオリン弾き』は西村純二監督・今川泰宏シリーズ構成&脚本・中嶋敦子キャラクターデザイン・スタジオ・ディーン制作のTVアニメです。

ギャグとシリアスが交錯する原作から完全にギャグをスポイルしてハードなドラマに「翻案」し、止め絵・ハーモニーを多用する演出と相まって当時かなり賛否が割れていた記憶があります。

個人的には今川泰宏作品の中でもトップクラスに好きなアニメです(監督じゃないけど)。

といいつつオンエア以来の視聴。
アニメの技術進化は著しいので、今の目に耐えられるのかちょっと不安だったのですが……。


全然大丈夫だ!

元々動きに依存してないのが奏功してる!
なんといっても豪快な脚本がいい!

もちろんセル作品なんで作画のクオリティは昨今のデジタルアニメには及びませんが、レイアウトが静止画で見られることを想定していたせいか、やたらカッコイイ!
特にサイザーはキャラ映えするなあ。デザインもカラーリングも秀逸だし。

あと、印象としては「あれ? こんなに動くの? もっと紙芝居的だったような……」というのもあります。けっこう動いてます。知らないひとが観たら動かないアニメではありましょうが。

楽器の演奏を表現するのってアニメではとてもむずかしく、かつ地味なのであまり苦労に見合わない(だから『けいおん!』に驚いたわけで)ので、小林プロのハーモニー+田中公平のオーケストラサウンドというのは今思うと正解だったのだなあと。

あ。ハーモニーってキャラクターが背景の絵になるアレです。出崎作品でよくやるやつ。

要所だけグリグリ動かして会話シーンは口パクすら省く極端な演出には潔さすら感じます。
こりゃ賛否割れるはずだ。

こっちにアニメが進化してたらより歌舞伎化してたかもなあ。

え? 内容ですか?
それは自分で観てください(←ヒドイ)。
『デビルマン』とか『鋼の錬金術師』にも通じる壮大なドラマです。もったいないことに後半がかけ足になりますので、それだけ覚悟しとけば絶対後悔させません。かけ足っていっても『ヤマトタケル』ほどかけ足じゃないので安心してください。



コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.