『逆襲のシャア』について

なぜか『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』がにわかに盛り上がっています。

(※ラストまでネタバレしてます。ご注意を)



とりあえず未見のかたの興を削がないよう埋め草としてぼくのお話でもひとくさり。


ぼくは実はあまりガンダムシリーズを観てませんし、それほど思い入れがあるほうでもないのですが、この『逆襲のシャア』(通称『逆シャア』)はかなり好きだったりします。

とはいえそれは「ちゃんと観た最初のガンダムだから」でもあるので、以下の内容についてはかなりの偏りが含まれることをご諒承ください。

さて予防線も張ったところで。

『逆シャア』は1988年に公開されたガンダム初の完全オリジナル映画です。

ということはロードショー当時ぼくは中学生。テレビで放送されていたガンダムは『ΖΖ』だったはずですが、新潟では放送されてなかったように記憶しています。なのでガンダムに思い入れの持ちようもなく映画館では観てません。観に行った友人の感想もあまりかんばしくなかったので印象としては映画館に描かれたカッコいいビジュアルイメージと主題歌を歌っているのはTM NETWORK、程度のものでした。

弟がTM NETWORKのファンだったかなんかでレンタルビデオを観たのが初見で、たぶん高校生になってたんじゃないかなあ。

最初の『機動戦士ガンダム』はしょっちゅう再放送してましたから、アムロ、シャア、ブライトあたりは知ってますが、他の登場人物はまったくわかりません(その後『Ζガンダム』『ΖΖガンダム』を観てほんとにみんな初登場のキャラだらけだと知って驚くことになります)。
なんとなく「こんなキャラなんだろうなあ」と知らない前提で観てたのでかえってよかったのかもしれません。「こんな情けないおとなになって」みたいな失望もないですからね。

クライマックスのアムロとシャアの問答も「ああ、これでTVシリーズの因縁が解消されたのか」と思ってました。
つまり「よくわかんないところ」は「観てないから知らないところ」と思って観ていたのです。


まさかいまだによくわからないとは!


だからそのときはちゃんとストーリーを理解していたわけではなく、ただモビルスーツ(特にファンネル)の動きに魅了されていただけ、ということになるのですが、おかげで今でも『逆シャア』はぼくにとってモビルスーツ戦がカッコいいガンダム、です。

で、今ぼくの視点で『逆シャア』を観ると何がすごいのかという話ですが、


戦争の開始から終了までが二時間で描かれている


ということにつきます。
これは映像の魔法だと思います。
戦争映画は数あれど「戦争を最初から最後まで」ってあんまりないのではないかと思うのです。どうなんだろ。あんまり映画にくわしくないので断言はしませんが。

観ている最中は情報量が多いとは思いつつも、それをおかしいと感じないのです。
つまりこの映画は何かが幾層もいびつに折りたたまれていることになります。ときとして戦争を描いてるのかどうかすらも怪しく感じられます。
実際よくわからないセリフが多いですからね。

で、あんまり長くなってもなんなので(←ちょっと飽きてきた)。



謎の多いラストで何が描かれているかに絞ると、

「ならば、今すぐ愚民のすべてに叡智をさずけてみせろ!」(シャア)

「だから、世界に人の心の光を見みせなけりゃならないんだろ!」(アムロ)

で、それを可能にする唯一の条件は

「これ(サイコフレーム)と大尉(アムロ)のサイコミュと共鳴して未知数の機能が引き出される」(チェーン)

ですので、

「サイコミュとサイコフレームとアムロ」=「νガンダム」

となります。
実際はこれと逆の順序で
「戦闘用のロボット一機で、ニュータイプが、人類を救うにはどうすればよいか」
でサイコフレームの機能が決まりνガンダムが整えられていったと想像されますが……。

そして「人の革新」の対義として言及され続けてきた「地球の重力」という軛の象徴に実体を持たせたアクシズにνガンダムが立ち向かうとき、人はガンダムを通じて共振を起こし「人の心の光」がついに出現、結果(革新はいまだならないが)人が重力に抗うという「ナンセンス」な行為に「やってみる価値はある」ことが示されます。

だからラストでサイコフレームは意思を持つかのように重力に逆らい宇宙へと飛び去り、可能性の残光は地球(人類)を取り巻き続けたのだと。

そんなラストなのだと今の時点では理解しています。
しょっちゅう変わるのであくまで今の理解ですけど。

でもその謎めいたところが『逆シャア』の大きな魅力のひとつなのだと思います。観たひとの数だけ解釈があっていい作品です。



同時に流れていてより中心をなす「男と女の物語」はまた別の機会にでも(たぶんないけど)。



コメント
「ZZ」は新潟で放送してました。土曜夕方に。
自分はスイミング通わされていてほとんど見てなくて、アニメディアのムックで補完してました。

逆シャアは、友人と観に行こうとして、私が映画館を間違え、帝都物語を見る破目になってしまいました。
そのまま未だみてなかったり。
今でも友人には悪いことしたなぁと思っています。
  • Taw
  • 2010/09/30 10:20 PM
ありゃりゃ。
ぼくが興味なかっただけでしたか……。
  • satomi
  • 2010/09/30 10:30 PM
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.