勝手に私の好きなポケミスBEST3

ポケミス60周年記念号のハヤカワ・ミステリマガジンがとてもおもしろかったです。

触発されてぼくのベスト3をと考えてみたのですが、さすが「世界最高最大のミステリ・シリーズ」です。まったくしぼりきれません。

しかたないので「ポケミスでしか読めないこと」「個人的に思い入れがあること」を軸に候補作を厳選してみましたがとても3つにはおさまりません。

このブログの最後にベスト3を載せられるかどうかまだわかりませんが脳内ミステリ蠱毒をしながら駄文を書き連ねます。

そもそも「ポケミス」って何よという話なのですが、ミステリ&SFの老舗である早川書房が昔から出してる「ハヤカワ・ポケット・ミステリ」というレーベルの通称でして特殊な判型ともあいまって知らないひとはまったく知らない、にもかかわらず1700点超という膨大な作品群を形成している隠花植物のような存在です。


「あまり人目につかない/あまりにも膨大」という条件のため、自覚的な「ミステリ読み」になる積極性と覚悟の最初の試金石とも申せましょう。


ぼくも大学に入るまで読んだことなかったです。まああんまりミステリ自体読んでなかったのですけど。
大学で所属していたワセダミステリクラブでの日常会話についていくために読みはじめたところも多分にあります。

ところが読みはじめるとこれが宝の山なのですね。個別の作品は当然として時代ごとの変遷も含めて。重くなったり軽くなったり。
ぼくはまじめなミステリ読みではなかったのでカーター・ブラウンや「ハニー・ウェスト」シリーズを古本屋さんの100円均一棚で漁ったりしてたまに『地下洞』とか『金庫と老婆』とか『殺し合い』とか『迷宮課事件簿』とかを見つけて読んでうひょーってなったりしてて今となっては嘘のようです(おもに気力的に無理です)。

そんなこんなで大層素晴らしいレーベルなのですが(ここまでずっと褒めています)、いったい何から読めばいいのやら途方に暮れる物量ではあります。

ぼくの初心者のかたへのおすすめの読みかたとしては、リニューアルしたここ数年の作品の打率が異常に高いので新しいものからまず手をつけていくのがよいかなあと思います。
あとどういうわけか経験上、女性作家はみなさん打率が高いので、「ポケミスならでは度」は薄れますが、気になる女性作家の代表作から手をつけてみるのもありかもです(なるべく安くて入手がたやすいもので)。マーガレット・ミラーとかP・D・ジェイムズとか。


さて。ながなが垂れ流してましたがそんなこんなでやっとベスト3がだいたいまとまりました。





1.ヘンリイ・セシル『あの手この手』
2.ハーバート・ブリーン『真実の問題』
3.ジェイムズ・ヤッフェ『ママはなんでも知っている』



嘘です。

まとまりませんでしたので次点をつけました。


次点
・サン・アントニオ『フランス式捜査法』
・ジャック・フィニイ『クイーン・メリー号襲撃』
・フランク・グルーバー『バッファロー・ボックス』
・リチャード・スターク「悪党パーカー」シリーズ


コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.