神の意表を衝くッッ!!

以前どこかで申し上げたことがあるのですが、人類には「盲点」とならぶ神の「明らかな設計ミス」があります。

それは


「単位が通貨になると人類の計算能力は劇的に低下する」


というものです。

たとえば


100-300+400

 
という計算式は小学生でも解くことができると思います。

答えは200です。

ところが
 
100万円-300万円+400万円


になると話は別です(わかりやすくするために「万」をつけくわえてあります)。
するとあら不思議とたんに人類は計算できなくなります。

まず多くのひとは100万円にたどり着けません。なぜ最初に100万円を設定しなければいけないのか、ほかの数字ではいけないのか、100万円ならもっと有効な活用方法があるのではないか……と悩みだして、ほとんどのひとはまさかの「計算のスタートラインに立つことすらなく」最初の100万円を受け入れずに終わります。

そこをなんとかがまんして、最初の関門である100万円を通過できたとしても、その次にたちはだかる-300万円の壁に人類はまず耐えられません。マイナス記号を削除するすべはないのか、はたまた何かで数字を大幅に削減できないか、次の記号がマイナスであることがわかっていて100万円以降に進む必要があるのか、その向こう側にプラス記号があるのだからなんとかショートカットして-300万円を飛ばせないかと、立ち往生してしまいます。危機察知能力の鈍いひとにいたっては、うっかり-300万円を踏んだところで恐怖に身がすくんでしまいせっかく目の前に+400万円があるにもかかわらず立ち往生してしまったりします。


そんなこんなで「万円」をつけるだけでほとんどの人類は200万円に到達できないのであります。

コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.