劉慈欣『三体』(Cixin Liu"The Three-Body Problem")を読みました

アメリカSFの優秀作品を投票で選出するヒューゴー賞というのがあるのですが、今年はいろいろあって中国SFが長編部門を獲得しました。

それが劉慈欣(Cixin Liu)の『三体』("The Three-Body Problem")です。せっかくなので第二部にあたる(「地球往事三部作」だそうです)『黒暗森林』("The Dark Forest")と合わせて読んでみました。
読んだのは英語訳で原語にあたっていないので固有名詞はけっこうちがってるかもしれませんが、お気になさらず(中国人の名前や地名は読んでてぼくも混乱してました)。

"The Three-Body Problem" がヒューゴー賞を受賞したのは「文化大革命を取り扱っていた」というのが理由のひとつだと思います。
「著しく歪んだ歴史」はある意味「虚構(としか思えないもの)が史実として定着させられている」がゆえに「上質なフィクション」として機能します。ナンセンスで突拍子もない、仮にフィクションであれば「リアリティが足りない」といわれるような、国家やひとのありかたが大きくゆがめられているにもかかわらず、当時の中国の内向きさもあり実態がいまだによくわからない「文化大革命」もその典型です。
"The Three-Body Problem" は『神狩り』のようなファーストコンタクト(を探る)SFであると同時に、「文化大革命」に翻弄されたひとりの女性/科学者の半生の物語でもあります。
正直ぼくの好みとして異星人の描写はもう少し「異質さ」が欲しかったのですが、埋め合わせてあまりある「中国SF」でした。

あとこの作家の持ち味だと思うのですが、短く印象的なエピソードが多く、しかもとても有効に機能しています。
作中で「Three Body」という『火の鳥 未来編』×『ゼンデギ』みたいなゲームがあって、何度も何度も世界の絶滅を回避しようとしては失敗するのですけど、とりわけ「中国のフォン・ノイマン」が開発するコンピュータが(興を削がぬよう具体的には申し上げませんが)最高にクールなので、そのエピソードだけでも読んだかいがありました。

他にもそれぞれ独立した短編としても充分通用するエピソードがいくつもあります("The Dark Forest" の主人公のひとりが恋人のラノベ作家にいわれて理想の女性を脳内でつくりあげてしまうエピソードもとてもよかったです)。短編集も英訳されているようなので今度読んでみようかと思います。






さて続編の感想もあるのでひとつ大きなネタバレをしますので、翻訳を待つかたはここまでで。
















地球人の観察のために「智子(sophons)」というのが異星人によって送り込まれていて、文字通り全知の「神」のようになっています。
その「智子」のために基礎的な科学技術の進歩が食い止められているのですが、その「智子」の目をかいくぐり、「神」の意表を突いて反撃する人類の対抗策が「ウォールフェイサープロジェクト」です。でも人類の切り札がなんでこのオレ? というわけでいきなり「ウォールフェイサー」に抜擢されたのが "The Dark Forest" の主人公です。さっそく与えられた権力を利用(悪用)して理想の住まいと理想の恋人を手に入れて悠々自適に生活しててうらやましいです。
その恋人と結婚してこどもが生まれて幸せに暮らしているあいだに「ウォールフェイサー」を打倒する「ウォールブレイカー」が現れたり、さすがにやりすぎだろと地球人にバレて妻とこどもをコールドスリープされたりと散々な目に遭った主人公の能力がついに覚醒します。
やっぱり二部の主人公はこうでなくっちゃと脳裏に『ジョジョの奇妙な冒険』を思い浮かべつつイベント盛りだくさんの "The Dark Forest" を読み終えました。
ほんとに盛りだくさんです。
そうそうある日本人が「懸かっているのは、たかだか国家の存亡だ。個人の自由と権利に比べれば、大した価値のあるものじゃない」というヤン・ウェンリーの言葉を引用してました(すいません。本文にあたってないので多少違うかもしれません)。中国人の名前だらけのなかにヤン・ウェンリーがいきなり出てくると違和感がなくて困ります。

ともあれ潔いまでに完全に娯楽特化です。
文革の影も形もありません。

完結編は年末だか来年だかに翻訳されるそうなのですが、展開がまったく読めず楽しみです。1作目が『神狩り 文化大革命編』だとしたら2作目は『小松左京版宇宙戦艦ヤマト』ですかね。
これを機に中国SFの紹介が進むといいですね。



でもこのすべての発端が「文化大革命」だと思うと、ほんと怖いです。


追記1
読み終わったので Wikipedia で英語と漢字の対応でも見てみるかと思ったら、『三体』も『黒暗森林』も「あらすじ」でラストまで詳細にすべて記述されててヒドイなあと思いました。とくに『黒暗森林』は「謎」でひきつける話なのに……。
ともあれ読まないことをお勧めします。


追記2
完結篇が出たので感想を最後まで。
劉慈欣 "Death's End" を読みました

コメント
記事を読ませていただきました。
自分が読んだのは台湾のmandarin version。例の第三部ですが、スケールが大き過ぎて、めちゃ面白かった。
もし良かったら、ぜひレビューしてください。
  • Soichiro Miki
  • 2016/09/24 3:20 AM
ありがとうございますー。

ついに刊行された "DEATH'S END" ですが本業がバタバタしてましてまだ読みはじめたところです(が、すでにおもしろいです。まさかの智子さん……)。

読み終わったらまたブログに感想を書きます。
  • satomi
  • 2016/09/28 9:32 AM
第一部が中国で実写映画化される……という情報を得たので、早速検索、検索(わくわく)。
その結果というと……
なぜか出てくる前評判は悪口ばかり。
まあ無理もない。ハマったぼくだって、いまだに三体星人の外見とか文化とか、想像もつかない。植物人間の姿が目の前に浮かびますが、どーもウルトラマンに出てくる吸血植物ケロニアとは違うようだ。
やはり活字の世界に留まる方が、読者の想像力を刺激する。
  • Soichiro Miki
  • 2016/11/13 5:16 AM
やっぱり水分抜けたらペラペラになるんですかね>三体人

職業柄脳内で映像にしてみようともするのですが、リアリティを維持するにはたぶん人間側にしぼって描くしか手はないと思います。でも三体人だけでなく、ゲームの中も映像で表現するのはむずかしそうですよね。第3部も太陽系がバタバタといくあたり、文章だとすごい盛り上がりですが、映像だとチープになるかばかばかしくなるか……ハリウッドレベルのCGでも大変そうです。

ちゃんとしてたら日本でも公開されると思うので、期待半分で待っていようと思います。
  • satomi
  • 2016/11/15 2:15 AM
文革は設定に過ぎません。
悲劇の引き金となるのはアメリカのGreat Depressionでもいいし、日本の軍国教育でもいいし、当然中国の文革でもいいです。

『三体』を完全に理解するには、中国近現代史と毛沢東思想の基礎が必要かもしれません。
  • out
  • 2017/01/02 5:35 PM
そうかもしれませんね。

中国の歴史や毛沢東思想に精通してるとも思えないアメリカでも高評価なのですから、そこまで肩ひじを張らなくてもよいかもしれません。
  • satomi
  • 2017/01/06 3:35 PM
日本語を勉強している中国人です。三体の愛好者として、三体の日本語への翻訳に挑戦したいですが、その一章を翻訳して見たが、誰かが読んでもらえませんか。
  • Aron Lee
  • 2017/08/25 11:19 AM
ぼくでよければいつでも読みますけど、ぼくが持っているのは英語版なので「日本語として読みやすいか」しか判断できないですねー。
  • satomi
  • 2017/08/25 3:43 PM
ちなみにメールでしたら info@barnumstudio.com で。
  • satomi
  • 2017/08/30 4:58 PM
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.