煙草と悪魔

WHOが映画の喫煙シーンを成人指定するよう勧告したと話題になってました。

http://www.cinematoday.jp/page/N0080024

こちらはこのブログで9年前の2007年2月に書いたものです。
(いちおう追記しておくと最近はこれを書いた当時ほど喫煙シーンの描写にきびしくない印象です)

2次元を超えて

で、この手の話題に必ずつきまとうのが影響はあるのかないのか問題です。
その点につきましては2013年8月のこちら。
「非実在児童ポルノ」みたいな単語が話題になってたころなのですかね。
ちょっと長いですが。

瞳の中のアンファンテリブル


「映像に影響力はあるのか」といわれれば、みなさん「ある/ない」とおっしゃりますが、アニメでごはんを食べている里見としては「あります」としかお答えしようがないので困ります。
これを否定すると、映像を見せて商品を購入していただくCM(ひいてはそのスポンサー料で番組を制作しているテレビのビジネス)が成り立ちません。かつてはアニメも「30分のコマーシャル」と揶揄されてきたようにおもちゃを売るために制作されてきました。今は多様化していますのでおもちゃとは限りませんが、映像制作費を回収するためのマーチャンダイジング的な何かが存在しています。でないと継続的に映像制作ができないですからね。

それなのに今さら「映像見ても何も影響ないですよ」とか「教育的にいい影響はあたえるけど悪い影響はあたえないですよ」みたいなことは口が裂けても申せません。
ただ「きれいなものだけ見せて育てる」のはなかなか困難です。朝起きてから寝るまでで視野に入るものの何割が「映像」か考えていただければわかるように、影響力のほとんどは「映像」ではなく「周囲の環境」から受けています。

とはいえこれも世の流れですから、流れに掉さす派のぼくとしては「過去作は尊重していただきたいが、これからつくられる映像について喫煙シーンをなくしていく方向で」とか「成人指定はやりすぎだけど、ポスターに喫煙マークを明記しましょう」あたりでうまく落ち着くとよいかなあと思います。

コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.