虚構の凱歌

初代『ゴジラ』は敗戦後の日本で、核の漠然とした恐怖と特撮の表現能力があって成立したものです。
その「初代ゴジラ」以来はじめて、3.11と、今も続く核の不安と、CG技術が、(幸か不幸か)環境として整った日本で、庵野秀明監督に託されたことによって、ゴジラの「スクラップ&ビルド」のときはおとずれました。

「スクラップ&ビルド」には「荒野」と「人々」と「活力」が必要です。

「荒野」と「人々」とちがってこの「活力」は目に見えないものですので、現代日本に「活力」があると思うかないと思うかで、だいぶ評価が変わるのではないかなと思います。
ぼくは「棒読みの役者たちが早口で状況を説明していくシーンの連続で厳しいなあ」と感じてしまって、これは「ゴジラ」というファンタジーつまり「虚構」と対峙する「現実」という構造にもかかわらず、ぼくにとって「ゴジラ」よりも「日本の有能で活力に溢れた青年たち」のほうがよっぽどファンタジーだからなのだと思います。
現実として東日本大震災をめぐる政府の右往左往を体験し、福島原発事故にあたって東京電力のトップが次々雲隠れしたり退職したりしていくなかで、いわゆるエリート、つまり権力者や官僚がその責任をまっとうすることを信じているかという話でもあります。
今までの歴代ゴジラも存在しておらず、(言及も参照もされないところからすると、おそらく)東日本大震災も原発事故も起きていない日本で、こうあってほしい有事対応が本作では描かれます。『宇宙戦艦ヤマト』が太平洋戦争のリベンジである程度に、「虚構」のイマジネーションすらも凌駕した東日本大震災に対するエンターテイメント側からのリベンジなのだと思います。
それがエリートを信じるか信じないかで(映画にはエリートしか登場しませんので)、後者の(つまりぼくの)場合は単なる楽観的というか理想主義的なシミュレーション映画にもなります。

というわけで初見ではそんな部分にひっかかりを感じていまい、正直いいところもたくさんあるけど気になるところもたくさんあって「まあまあ」ぐらいの感想だったのですけど、2度目でだいぶ印象が変わりました。

というか傑作じゃないですか。これどうしてわからなかったんだろうというぐらい。

これほど意見が変わる映画もめずらしいです。2回見といてよかったです。

 

序盤は「現実」に「虚構」が生物的な外見をまとい第一弾の侵蝕を開始し(この冒頭の登場シーンで自分がすでにどうしようもなく「怪獣映画」の「お約束」にしばられて「先入観」を参照しながら見ていることに気づかされます)、「現実」は現実的な手段の範囲で対応しようとしてみずから打つ手を封じられ、なすすべもなく蹂躙され見送ることになります。その手段を失っていくある種の段取りが「虚構」側へのいざないにもなっています。そして映画の中盤で虚構の王ゴジラが「放射熱線」を放ったところをターニングポイントとして「現実」は「虚構」にとりこまれます。この長い助走(ゴジラは画面に映っていたとしてもここまでは「現実」側からのアプローチなので「助走」です)は怪獣の存在を自明とする「怪獣映画」のものではなく、あくまで「映画」に(荒唐無稽な)怪獣を登場させるのだという、いわば「志」によるものです
これはかつて「怪獣映画」を切り拓いた初代『ゴジラ』が試みたものです。。
この助走の果ての圧倒的な「放射熱線」による「虚構」の幕開け(人間サイドにとっては同時に「現実」側の登場人物たちの一斉退場であり、日本の命運を託せる「虚構」の若手官僚の台頭ともなっています)は、序盤の過程と誘導に「乗れない」と初見のぼくのようにそこからこぼれおちたもののほうに目線がいってしまいます(とはいえそれでも「虚構」は「現実」の「傘の下」ではありますが)。

 

 

それだけストイックなつくりをしているのだと思います。初見で前半戦がクリシェの羅列に感じられてしまったほどに。

これはもう一度震災後の世界で「怪獣映画」がリアリティを獲得するための意図的な「スクラップ&ビルド」です。

 

ともあれこの「放射熱線」以降が「怪獣VS人類」という「虚構」つまり(現代では成立しがたい)本来の「怪獣映画」パートとなり、人類の叡智を結集してあるものをすべて投入して死力を尽くして物量作戦が展開されます。『新世紀エヴァンゲリオン』の「ヤシマ作戦」を想起させるといわれますが、ゴジラを愛して「ゴジラが、怪獣が攻めてきたら人類はどう立ち向かうか」を考え続けていた監督が、ついにほんものの「ゴジラ」を手掛けたということなので、順番は逆で『エヴァ』が「庵野監督の思い描き続けたゴジラ」に似ている、なのだと思います。

 

そして映画の外側の遊びの要素ではありますが、「虚構」こそが「映画」であり、虚構の主は映画監督である岡本喜八であり、そのバトンは「私は好きにした。君たちも好きにしろ。」という言葉で未来へと託されるのも日本的でした。屹立するゴジラと日本映画とともにある未来ですが。

個人的に『シン・ゴジラ』は『風立ちぬ』に対する庵野秀明監督なりのアンサーのように感じていて、ほんとは博士役に宮崎駿監督の写真をつかおうとしたけど断られて岡本喜八監督になった、とかならとても理解しやすかった気がします(誤解かもしれません)。

 

すべてが過剰に盛り込まれた本作で、初代『ゴジラ』から唯一後退したのがマスコミですかねえ。「電波塔のアナウンサー」はリアリティを失ったのかもしれません。

 

ともあれ『シン・ゴジラ』は正しく「3.11後のゴジラ」として新生したと申し上げてよいと思います。

すばらしい映画をありがとうございます。

 


コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.