宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』

 

デビュー以来のめざましい活躍の到達点として、そして、(デビューから『カブールの園』までを第一期とすると)新たな第二期の到来として、宮内悠介の本作は記憶されていくのではないかと思います。

あらすじは以下の通り。

中央アジアのアラルスタン。ソビエト時代の末期に建てられた沙漠の小国だ。この国では、初代大統領が側室を囲っていた後宮(ハレム)を将来有望な女性たちの高等教育の場に変え、様々な理由で居場所を無くした少女たちが、政治家や外交官を目指して日夜勉学に励んでいた。日本人少女ナツキは両親を紛争で失い、ここに身を寄せる者の一人。後宮の若い衆のリーダーであるアイシャ、姉と慕う面倒見の良いジャミラとともに気楽な日々を送っていたが、現大統領が暗殺され、事態は一変する。国の危機にもかかわらず中枢を担っていた男たちは逃亡し、残されたのは後宮の少女のみ。彼女たちはこの国を――自分たちの居場所を守るため、自ら臨時政府を立ち上げ、「国家をやってみる」べく奮闘するが……!?

内紛、外交、宗教対立、テロに陰謀、環境破壊と問題は山積み。
それでも、つらい今日を笑い飛ばして明日へ進む
彼女たちが最後に掴み取るものとは――?


地理、歴史、政治、民族、宗教が複雑に入り組むわれわれ日本人には特異な環境を舞台にした、現代の痛快冒険活劇となっています。

あらすじから酒見賢一の『後宮小説』やアンソニー・ホープ『ゼンダ城の虜』みたいなのかしらと読みはじめたところ(それもまちがってはいないのですけど)、なぜか脳裏に浮かんだのは稲見一良、それも『男は旗』でした。
もちろん内容の接点はないのですが、現代を舞台に描かれたまっすぐなファンタジイとして、ぼくの中でつながったようです。『男は旗』から時代を経て21世紀、現代社会はより複雑さを増し、男たちよりも女の子が元気になってますが、あいかわらず、何かに立ち向かうひとは旗のようであり、吹きつける風が強ければ強いほど、旗は美しくはためくのでした。

あと、この連想にはもうひとつ要因とおぼしきものがあって、それは今までの作品と較べて「リアリティの基準が変わっている」というか「少しフィクション/ファンタジイの側に踏み込んでいる」のです。
主観なのでなんともなのですが、たとえば福井晴敏作品ですと『終戦のローレライ』のときに感じました。
それはたぶん、いいかたを変えると「その作家が許容できる小説の嘘の範囲が意識的に広げられたとき」なのです。あくまでぼくが勝手に読み取るんですけどね。
そして稲見一良だと『男は旗』がそれにあたります。

そのような「変化」を、ぼくはこの『あとは野となれ大和撫子』にも感じました。

アラルスタンは架空の国ですが、地政学的に中央アジアがいかにも産み出しそうな小国です。ここでくりひろげられる冒険は多種多様な現実にしばられて少し苦しそうにも思えますが、実際は順序が逆で、少女たちが(政治的にも)冒険できるほどまでに現実が拡張されているのです。
この好ましい「変化」に加えて、全編を貫く「ユーモア」と「理想」も、過酷な現実と常に対峙していて気持ちがいいです。

あと今回は「連載」というスタイルも奏功しているのではないかと思われます。

というわけで、宮内悠介ver.2.0の開幕といってもいい本作が、広く読まれることを心より願います。


コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.