ボストン・テラン『その犬の歩むところ』

 

『神は銃弾』にはじまり『音もなく少女は』で到達した、厳粛とも崇高ともいえる領域によって、ボストン・テランは特別な作家となりました。

そんな特別なテランが本作で描いたのは「犬」「旅」「アメリカ」そして「いつものボストン・テラン」です。

 

チャーリーとジョン・スタインベックが旅したころから、いやもっともっとはるかな昔、おそらく最初の人類がベーリング海峡をわたったそのはじまりのときから、ひとと犬はたがいを友としてアメリカを旅をしてきました。 そして旅はアメリカの現在だけでなく歴史そのものとも向き合わせてくれます。風土もそこで暮らすひとびともみな積み重ねられた歴史の先端ですからね。

 

思えば21世紀のアメリカは苦難と忍耐とその反動に翻弄されて、今もその渦中にあります。

 

今回ボストン・テランがギヴという犬の旅を通して描き出したのは、ひとと犬との特別な関係だけでなく、9.11とカトリーナとイラクを経たアメリカにたちこめる困難と、それにあらがう意志です。

デビュー作『神は銃弾』以来の、暴力と運命と不屈の意志を浮かび上がらせる静寂と狂熱の混在する文体は変わりません。が、本作では視座を高低自由に移行する複層の三人称となっています。これは旅の途上で出会うモザイクのようなアメリカの断片を描くために、そして犬という友を描くために選びとられたものです。結果として文章はときに卑近にときに飛躍し、より詩的で、アメリカへの信頼に満ちた作者自身の切実な言葉に感じられます。

苛酷な世界はひとに犬に理不尽な死をもたらすことはできても、死者が生者の道標となり、運命に翻弄される生者を善き意志へと導く歴史の積み重ねを止めることはできないのだと、あたかも深く傷ついたアメリカへの真摯なセラピーであるかのようにくりかえしくりかえしテランは語りかけます。

 

それだけ現実のアメリカは傷ついているともいえるのかもしれません。

 

犬はかつて神に逆らい、ひとに寄り添うことを選択しました。はたしてひとは犬の信頼に応え、犬がともに歩むにふさわしい魂の持ち主なのか、これはそんな問いを抱えたひとびとが不条理にあらがいつづける、崇高な魂と救済、奇蹟と希望の物語です。

 

いままでになくストレートなメッセージだと感じるかもしれませんが、もちろん同時に「いつものボストン・テラン」でもありますので、今までボストン・テランを読んだことのあるかたもないかたも安心してお読みください。


コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.