「怒りっぽい」問題

よく怒りっぽいかたっていらっしゃいますよね。

 

あれはなんなのかと思っていたのですけど、ふと気づきました。

 

「怒りっぽい」は単独で存在しているのではなくて、すべての感情が豊か(悪くいえば制御不能)なのですね。で、それはおそらく人間の本来の姿なのだ思いました(酔っぱらいのかたがたも拝見してると怒ってたり笑ってたり泣いてたりするので理性のタガがゆるむとそんなものなのだと思います)。

 

「感情」は自分の気持ちをあらわにすることで他者に影響力を行使する原初的な「伝達」です。

そして「支配」でもあります。

 

乳児はだいたい泣いて気持ちを伝達していると同時に、自己の欲求をかなえさせるよう周囲を支配します。少し成長して幼児になると泣くか怒るか泣きながら怒ることで周囲を支配するようになります。

どこかでほとんどのひとは自分が世界の中心ではないことに気づいて世間と折り合いをつけて、あんまり泣いたり怒ったりしなくなるのですが、いわゆる「怒りっぽい」ひとはそのころと変わらず「自己の欲求をかなえさせるよう周囲を支配」するもっとも簡単なソリューションを採用し続けているのではないかと思います。

それ自体はいいも悪いもなくて、偉人と呼ばれるかたがたなんかむしろそっち系のひとのほうが多いのではないでしょうか。たとえばスティーブ・ジョブズさんやヨシユキ・トミノフスキーさんなんかも怒りっぽい伝説がたくさんありますし、単にそのひとの個性の範囲です。

 

とはいえ単なる個性であり、さらにいえば「怒り」だけでなく「喜び」も「悲しみ」も豊かなはずのになぜ感情の中で「怒り」だけがピックアップされるのか(「怒りっぽい」はあるけど「喜びっぽい」とか「悲しみっぽい」はないですよね)、そしてなにより怒りっぽいひとはなぜめんどくさいのかという問題があります。

根本的に感情は自己の欲求と強くつながっていて、「感情があらわになっている=本人が感情のコントロールを失っている」ということです。

「怒り」は自分の要求がかなわない不満を他者にぶつけて、他者の行動や変化を支配することでかなえさせようとする感情の発露です。

 

ここで不幸なのがふたつあります。

ひとつめは「知識は知性に影響を与えない」ことです。 里見が折にふれて申し上げている「バカに知識をあたえるとかしこくなるというのはまちがいで、単にめんどくさいバカになる」の法則と同じです。

「知識」は「情報」であり「情報の受容」は実に「取捨選択」ですから、どうしても偏りが生じます。すると知識が人格をおだやかにすることは原理的に不可能で、自己の都合のよい武装を強化する方向に選択されていきます。

つまりどういうことか今回の「怒り」でご説明しますと、知識が「怒り」をなだめることはなく、「怒り」に正当性をあたえるだけだということです。そのような知識だけを選別してますからあたりまえです。

 

もうひとつは「怒りっぽいひとは我慢強い」ことです。 はたからは怒られてるひとが被害者で怒ってるひとは加害者なのですけど、そこが実は正反対で、怒ってるひとは常に「被害者」なのです。幼児でも酔っぱらいでもクレーマーでもモンスターペアレントでもみんなそうです。

なぜなら怒りっぽいひとは100回の怒るべきシチュエーションを我慢強く耐え抜いてそのうちの30回ぐらいしか怒っていないからです。ふつうのひとはそのうちの10回ぐらいが怒るべき状況で、さらにそのうちの2〜3回で怒っています。

ここからもわかるように、ふつうのひとはたった7〜8回しか我慢していないのに対して怒りっぽいひとはなんと70回も我慢をしているのです。 なのでその我慢強さを凌駕する「不快」は決して許せないものになり「怒り」の正当性はゆるがないものになります。そこにいたるまでにたっぷりと耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んでいるのですから、怒ってる側が「被害者」になります。

だから怒ってるひとを説得するコストは異常に高くなるし、多くの場合は徒労に終わるし、主張がくつがえらなかったことでより先方の怒りの正当性を強めることになります。

 

かくして怒りっぽいことは成功体験として人格に定着していったのではないかと思います。

 

そんなわけで以上ふたつの理由により、他者にとっての「感情のコントロールができない」ひとは、本人にとっては「論理的で我慢強い」ひとになります。

 

まあ「怒りっぽい」かたがいちばん理解できてないのは「怒りっぽいひとが怒らなかった」というのは、本人にとっては「広い心で我慢した偉大な自分」ですが、周囲のひとにとっては「地雷原で地雷が爆発しなかった」だけだということなんですけどね。


コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.