いのしし鍋。

ふと、じゃらん.netを見ていたら「七沢温泉」というのがありました。
覚えていますか>ごく一部の方々
大学時代にサークルの学年会で行って以来だのうと思っていたら、なんと空室があったので発作的に予約して発作的に行ってまいりました。
ネットって便利ー。

記憶より近いね。
高円寺から新宿に出て、小田急線で相模大野乗換えで本厚木へ。でそこからバスで七沢温泉入り口へ。しめて1時間強。1時間半はかからないですよ。

神奈川県は厚木市。本厚木駅からバスで30分というお手軽な立地にもかかわらず、いのしし鍋が名物という野趣たっぷりの好環境です。

亥年なので干支にちなんでたりして混んでるかなと思ったら、いきなり予約取れるぐらいだからそんなに混んでいるわけないですのですよね。

今回は元湯玉川館さんというところに宿泊(前回は七沢荘だったかな)。
築100年の民家を移築した趣きあふれる建物でとてもよい雰囲気。今回は入り口にいのししがいるようなこともなく落ち着いておりました。ただとなりの旅館は『鉄コン』のイタチ(もしくは『のび太の日本誕生』のギガゾンビ)みたいないのししの頭蓋骨が一族郎党皆殺しっぽくならべてつるしてあってマジカルな空気をかもしておりました。
旅館の案内によると牧逸馬(林不忘・谷譲次)先生も逗留したという老舗旅館ですよ。書いていたのは「めりけんじゃっぷ」らしいです。
さらに山本周五郎が宿代踏み倒したままらしいです。

ご飯もうまうま。
温泉もぽかぽか。

逃げ帰るように東京へ。
またそのうち。

コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.