倚りかからず

かつて原爆という非人道行為すら、原爆ドームとして誘客にもちいる商魂ゆえに非難されつつ成し遂げた広島のように(戦争の記憶を残すという副次的な美名はありつつも)。

かつて奇襲をかけられ甚大な被害をこうむったにもかかわらず、日本からの観光客を笑顔で受け入れるハワイのように。



沖縄はどこに向かうのか考えてました。

とうとうと愚痴っぽく流れるガイドさんの説明によると、沖縄は戦争の被害甚大で、アメリカ軍基地によって分断されていて、経済的にはどの都市も厳しくさびれていて、観光に力を入れているとのこと。
歴史の(そして今目の前にある現実の)鏡として沖縄を見てほしいのか、それとも南国の楽園を見てほしいのか。

甘美な幻想と悲惨な歴史。

ツアーだからといって両方をちゃんぽんにされても、リアクションに困りますよね。
パイナップル食べ放題だよー。そんじゃつぎは嘉手納基地ー。で美ら海水族館だー。そうそうひめゆりの塔ってのがあってね・・・・・・いやムリだからそれ。しかも移動中のガイドさんはひたすら沖縄の悲惨をのべつ幕なしにしゃべりつづけて。どんな観光をしてほしいのだろう。どんな沖縄をぼくらに提示したかったのだろう。

広島の覚悟。
ハワイの覚悟。
どちらが優れているという話ではないです。

なんらか好奇心を充足させるつもりがないのなら観光地として生き残るのは難しい気がします。ぼくはツアー旅行の経験がないので、ふつうのことなのかもしれませんが。もしくはツアー会社とガイドさんのチョイスがまちがってたのかなぁ。
というかツアー旅行はもう行かないです。


自分の足と頭で、いつかまた沖縄を訪れてみようかと思います。


というわけで沖縄ネタは本日でおしまい。
やっぱカジノですか。


どっとはらい。

コメント
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.