ファンタスティックでプラスティック

なんか音楽の話題の続き的な感じですが、先日観た『デトロイト・メタル・シティ』エンドロールで、「渋谷系」楽曲がけっこう石田ショーキチ(ぼくらにとっては小吉ですが。改名されたようです)とクレジットされていて、とてもなつかしく思い出がいっぱい気分になってみたりしてました。ここらへんのアーティストが大学〜ムービック時代(ぼくにとってはアニメ以外の音楽をはじめて聴くようになった時代←遅っ)に活躍していて、ポップでファンタスティックないわゆる渋谷系カルチャーというものを作り上げておりました。個人的にはSpiral LifeよりScudelia Electroの方が好きだったなぁとか思いながらネットで検索すると、今もアクティヴに活動しているようで何よりであります。

それにしてもYukari Freshの"Yukarin Disco"とか嶺川貴子の"Fantastic Cat"とかたまらなく可愛すぎでした。ふとiPodさまの気まぐれでこの頃の曲を聴いてしまうと、今も変わらずあまりのキュートさに胸が締めつけられます。もちろんカヒミもね("Le Roi Soleil"とか"GOOD MORNING WORLD"とか)。

トラットリアのこととか書き出すと止まらないのでここらへんで。
まぁとはいえこの時代、本当に繰り返し聴いていたのは『疾風!アイアンリーガー』(挿入歌の「WITH〜友よ共に」は前奏だけで泣けます)とか『ハーメルンのバイオリン弾き』(OP&EDいづれもすばらしいです)とか『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』(マシンテーマというのがとてもよいのです。スピンコブラの「稲妻を刺せ!」とか)であったような気もします。

コメント
またまたこんばんは(笑)
私もフリッパーズ以降はSpiral Life〜Scudelia Electroと流れたクチで、今でもショーキチ氏のソロライブなんかに顔を出したりしておりますよ。

Scudeliaは「王ドロボウJing」だったか、アニメの音楽でも取り上げられておりましたね。ほかにも、トラットリアで私が一番好きだったVenus Peterの沖野俊太郎が「ラストエグザイル」や「ガンソード」の音楽で取り上げられていて、喝采したものです。スタッフにファンがいたのでしょうかね。

もちろん私も、いわゆるアニメ・特撮や声優ソングも好きなのですが(今日も田村ゆかりのライヴ帰りだったりします)、ロックな人間もニヤリとできるアニメ音楽が増えてくれればなぁと勝手に思ったりしております。
  • てぷ
  • 2008/10/14 1:37 AM
こうしてみるとビクターはいわゆる渋谷系をうまくアニメに取り込んでいるということですかね。『ちょびっツ』もROUND TABLEでしたし。

世代的にはひと周り上ですが平沢進も今敏作品や『ベルセルク』で他のアニメとは一線を画したよい音を奏でていらっしゃいました。

アニメのBGMをつくるというのは特殊なスキルであったりもしますので、誰もが移行できるわけでもないと思うのですが、確かにそういう試みが増えるのはいいことですね。
  • satomi
  • 2008/10/14 9:52 AM
コメントする








   入力情報を登録しますか?
この記事のトラックバックURL
トラックバック
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.