『ゆるめいつ』DVD発売

ゆるめいつ [DVD]
ゆるめいつ [DVD]

『ゆるめいつ』のDVDが発売になりました。
少人数アニメ制作の同志(と勝手に決めつけてみる)による力作であります。先月の東京国際アニメフェアでブースがおとなりさんだった縁でDVDをいただいてしまいましたよ、やさしいひとだぁ。
弊社は基本3D系ですが、こちらはFLASHですかね。山手線とかで見る『ダーリンは外国人』なんかもそうですが、FLASHはほのぼのしたものとの相性がとてもよい気がします。
この『ゆるめいつ』も4コママンガが原作のほのぼのゆったりコメディです。
いわゆるTVアニメとは違う方向性ですがとてもまったりできます。
ご興味のある方はぜひぜひご覧になってください。
ほぼ個人制作だと思います。

るーじー・ぐーじー
るーじー・ぐーじー

トライ・ユア・ベスト

『太陽の子エステバン』の続篇が企画中?

とてもチャレンジャブルで夢のある企画ですのでぜひ実現してほしいものです。
ついでに『キャプテンフューチャー』もぜひ。でも『ニルス』と『ジョリイ』はいい思い出のままにさせて。あ、あと『コナン』と『スプーンおばさん』と『ヤダモン』も。
つくり直すなら『ポコニャン』と『青いブリンク』をおもしろくして……つうか一番直すべきNHKアニメは『コピーの冒険』のような(うん。以下自粛ね)。

明日はカップヌードルを食べよっと。

『FREEDOM』をまとめて観ました(昨日の『エヴァ』からの宇多田ヒカルつながりです)。

FREEDOM Blu-ray Disc BOX (初回限定生産)
FREEDOM Blu-ray Disc BOX (初回限定生産)

CGアニメなので毛嫌いしていたのですが『DTエイトロン』みたいな話でおもしろいですね、これ(←ほんとに褒めてます。懐かしいSFテイストです)。
なんかCMガンガン流して大友キャラで主題歌タイアップで、とあまり望ましくないものてんこもりだったので観ていなかったのがもったいなかったと反省いたしました。やはり観ないとわからないものです。
全体を通して無理をしていないというか、「CGアニメをつくる」ではなく「アニメをつくる」ということが通底されていたのがよかったのだと思います。3巻以降はCGキャラの違和感もだいぶ薄れます(表情もだいぶ増えますね)。



『FREEDOM』を観ながら話数の区切りでブログをのぞいてコメントを打っていたらどうもこれが絶妙なタイミングらしく、往年の『君の名は』なみのぐだぐだすれ違い連発となってしまいました。読みづらいことこのうえないですがどうかご笑覧いただけますよう。一応、順番はぐちゃぐちゃですが一対一でレスしてあるので脳内で並べ替えてもらえれば助かります。

熱気にあてられて。

件の『全記録全集』の熱気にあてられてしまい(まだ昨晩読みはじめたところでインタビューの途中ですが)、本日もまた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を観てしまう。仕事している最中からずっと「帰ったら観るぞ」と思っていたので、やっと癒された感じ。それにしても劇場公開初日以来、いったい何度観ているのでしょうか。まったく。ここには過去と未来が封じられております。ほんとすごいよなぁ。同業者としては、彼我の能力差に絶望的な気分になり打ちのめされます。


『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を早く−。

明日は明日の風が吹いて桶屋が儲かる

知り合いのブログで知ったのですが。

おとなりは大変そう。

ハリウッド全部撤退って……。
ウォンの問題とかローカライズの費用対効果(人口の少ない言語に翻訳するのは効率がよくないのです。韓国は日本の半分ぐらいですからね)とか世界不況とかいろいろあるから「深刻な不法ダウンロード」だけに押しつけられないかもしれないですが、ほとんどそれが直接原因なんだろうなということはわかります。マーケットがもともと小さいところで、そういった行為の蔓延はかなり影響が大きいですからね。それにしてもどんだけひどいのですかね。

アニメ業界もニッチなので明日は我が身ということは理解しつつも、明日のぼくのことなので他人事です(←未来を想像する能力が欠如しているのか、すでに発表されたりまだ水面下だけど今にも発表されそうになってる業界の激動もどこ吹く風です)。

ゴッサムナイト

『バットマン ゴッサムナイト』を観ました。
ほんとは以前観たことのある『ビギンズ』より先に観るつもりだったのですが『ダークナイト』のおもしろさについ前作を復習をしてしまいました。

で、これはバットマン版の『アニマトリックス』みたいなもので、オムニバスで6つの短篇アニメが入っています(スタジオは4℃、マッドハウス、IG)。どれもそれぞれに安定度は高かったような気がします(舞台とキャラはほぼ一緒なのに、作品ごとにキャラデザインも作風もがらっと変わるので、けっこう戸惑うかもしれません)。個人的には韓国制作の「デスショット」が一番安心して観ることができました。もうちょっと長くてもよかったかな。
『アニマトリックス』同様、それだけでおもしろいのかと問われると?ですが。「BDソフト化想定のアニメ」のよい試金石となったのではないかと。

バットマン ゴッサムナイト (Blu-ray Disc)
バットマン ゴッサムナイト (Blu-ray Disc)

『うたわれるもの』観終わりました。

『フルメタ』のときも思ったけど2クールは長いな(←一気に観ようとするからだろ)。

ときどきすごく作画のキレがいいときがあってどきどきします。
一揆ではじまり巨大ロボもので終わりました。それだけ書くと『大魔神』っぽいですね。なんか『エヴァ』的なメカ描写で作画も安定してよろしかったかと。

山皇記

『うたわれるもの』を観はじめました。
今8話。羽の生えたひとたちが出てきたところです。

美少女アニメかと思っていたら、今のところひたすら一揆をやっていてびっくりしました。白虎の作画が大変そう。

1枚あたり7話収録なのでペースが上がってしまいます。

クレイジークレーマー。

V編スタジオでたまたまBVの方と出くわしたので「なんで『攻殻機動隊SAC』のBOXは30iと24pが混在してるんだよぉ。全部24pにして出してほしかったんだとぉ」とか「なんで『ルルーシュ』の1期はBOX販売じゃないんだよぉ、2期と平行でBD発売なんておかしいよぉ」とかどうでもいいクレームをねちねち申し上げて先方を閉口させる。申し訳ございません。いや、でもね、客の立場からすれば、なるべくよい状態で欲しいじゃないですか(こちとら自腹である以上、客であります)。
利益の追求のために納得のいかないものを出されるぐらいなら、値段を上げてでもちゃんとしたものを出してもらいたいのです。
お皿屋である以上、心血注いで妥協なくいいお皿をつくって胸を張って高い値札をつけて欲しいのです。

とはいえ『マクロスF』でこの販売形態の実績が出てしまったので、この方向は事実上既定路線となっていくわけで、フリープロデューサーとしてはかまわないのですが、ひとりの顧客としてはニンともカンともニンニンなのであります。

朝っぱらからビックリしたこと。

早起きして『フルメタル・パニック!』のBDを観はじめたのですが、再生したとたんに黒枠の中に画面がひと回り小さく表示(いわゆる額縁放送状態)されてビックリ!!

「BDにレタボ収録かYooooo!!!」

と思って設定いじったりしてたらそのまま本編がはじまって、通常の4:3に。ただの貧乏ビスタでした。

ああ驚いた。
仕事行こっと。


ちなみに「レタボ」はレターボックスの略であります。
貧乏ビスタは通常の4:3の天地に黒帯を乗せて一見劇場風にすることです。もちろん黒帯分だけ元の絵も小さくなります。

フルメタル・パニック!(初回限定生産) (Blu-ray)
フルメタル・パニック!(初回限定生産) (Blu-ray)

<< | 2/6PAGES | >>
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.