最近観たBDソフト

最近、里見のしゃべる内容はやさぐれすぎているとのご指摘をいただきましたので、海よりも深く反省してしばらく穏やかな気持ちで過ごすようにします。これ以上里見をやさぐれさせるようなことが起こらないといいなぁ。

することもなくヒマなので文句をつけながらも『ルパン三世』をちまちまと観ております。内容に不満はないのですが、ほんと不思議なフィルムの状態でとほほな感じです。

ルパン三世 first- TV. BD-BOX [Blu-ray]
ルパン三世 first- TV. BD-BOX [Blu-ray]



最近だと他には、そうですな。『トップをねらえ!』の合体劇場版も観ましたね。こいつは文句なく大傑作であります。オリジナルOVA版も早く出してほしいです。なんでこんなにおもしろいのでしょうか。おどろくほど濃密な作画と内容。今でもまったく古びません。庵野さんはどうしてあんなにテロップワークがうまいんだろう。

トップをねらえ! & トップをねらえ2!合体劇場版!! Blu-ray Disc BOX (初回限定生産)
トップをねらえ! & トップをねらえ2!合体劇場版!! Blu-ray Disc BOX (初回限定生産)


あんまり書くことないですね。

そうそう『WALL・E/ウォーリー』も観てました。

二十面相のことを書いていたのにすっかり忘れてました。
こちらもとてもおもしろく仕上がっております。さすがピクサー。なぜピクサー以外のCGアニメがおもしろくないのか不思議なぐらいひとり勝ちが続いてますね。特筆すべきはあいかわらずツボを押さえた脚本ととても綺麗な風景描写でしょうか。

『モンスターズ・インク』には勝てないけど。




http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0108/ces04.htm


ついに発表されたVAIO type Pは待望のシグマリオン後継機? とか思って勝手に物欲を刺激されてみたり。SSD128GB搭載でも15万円台だもんなぁ。しかもこのサイズで1600×768という高解像度(ぼくのU8210と同じ解像度ですよ)。気になるなぁ。でも学生やってる間はお金ないしなぁ。迷うなぁ。

Amazon×FOX=何割引?

http://www.foxjapan.com/dvd-video/blu-ray_campaign/

20世紀FOXの「2枚買ったら1枚もらえる」ブルーレイ体感キャンペーンがはじまります。
こういったものでいわゆる「ついで買い」が促進されるとよいですね。ぼくもこれを機会に買う気のなかった『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』とか『サンシャイン2057』をゲットしたいと思います。といっても興味のあるものは購入済みでシールなんてとっくの昔に捨てているのが惜しまれるわけですが。

のら犬兄弟がついにロフトプラスワン進出だそうです。

詳しいことはおとなのひとたちが告知してくれると思います。
こちらでどうぞ。

http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/jiji/

さて。ジョン・ウー最新作『レッドクリフ』を観たのでこのタイミングで発売された『カラテ愚連隊』を観たりしてました。ジョン・ウーの初監督作品でありまして初のDVD化です。

カラテ愚連隊
カラテ愚連隊

なにぶん古い映画なのでみなさまにおすすめするようなものではないです。
あ、残念ながら鳩は出ません。が、後のジョン・ウー節につながるロマンティシズムの萌芽(なんかよくわかんないけど絆が芽生えたり友情に殉じたり)は充分感じられますし、武術指導がブレイク前のジャッキー・チェンだったりしますので、殺陣はかなりいい感じです。個人的には楽しく拝見させていただきました。

『マクロス ゼロ』を観終わりました。

マクロス ゼロ Blu-ray Disc BOX
マクロス ゼロ Blu-ray Disc BOX

なんかスムージングが抜けてるように見えるカットがぱらぱらと散見されたのですが、これはなんとかならなかったのですかね。せっかくのBD-BOXということで直すチャンスなのに、などとちょっともったいない気分になってみたり。画質(&音質)が全体的にとてもよいのでなおさら気になりました。特典もあまりなく(値段以外は)簡素なつくりなのは、まぁ儲かるもんじゃないのでビジネス的には理解できますが、愛かお金のどちらか(もしくは両方)が欠けているようにもそこはかとなく思われてしまいます。
ぼくは愛もお金もあるので気にせず買ってしまいますけどね。

記憶では途中で観るのを挫折したのだとばっかり思っていたのですがどうやら『マクロス ゼロ』は東京ファンタの未完成ver.しか観てなかったようです。内容はどちらかというと好きなタイプの話なのですが『マクロス』じゃなくてもよかったのでは、という感じでした。もちろん『マクロス』でもいいです(←じゃあ書くな)。続けて観るとOVAのわりに作画のムラがけっこうありますね。完成までだいぶ時間をかけていたような気もしたのですが。あ、でも1話の作画はとにかくすごいです。
音楽は文句なしとてもよかったです。

次はノームの孫でも観てみますかのぅ。

『レッドクリフPart I』を観てきました。

鳩だね。うん、鳩。

ジョン・ウーだもんね。
内容は前篇ということで。まぁこんなもんかなぐらい。
思ったより日本人と中国人の間にキャラクターイメージのギャップがないことに気づきました。関羽の動きがなんかおかしいけど合ってる気がする。
これで後篇になったら周瑜は小悪人みたいなことができるのだろうかと少し悩む。というか小喬が重要キャラっぽいのね。どんなキャラだったかよく覚えてないけど。

ちなみに孔明さんはニコニコしてるだけで活躍してません。
あ、でも鳩だから。うん重要。

青春の終章

http://www.bahamut.jp/

ついに『バハムート戦記』の新作か(←おいっ)。
なんか『金色のガッシュ』のファウードみたい。
これでWiiとかDSだったらガッカリだなぁ。

そうそうBDでひさしぶりに『あしたのジョー2』劇場版観たりしてました。今観てもとてつもない技術なのですが、遺憾ながらぼくの美化された記憶には勝てませんでした(ハリマオは当時からおかしいと思ってましたが、今観るともっとおかしいです)。ただ劇場版の後にTVシリーズを観たら記憶を新たにするかもしれません。
それにしてもアニメというのは伝統芸能なのだなとつくづく思わされます。出崎演出がそれを強調しているのもありますが、歌舞伎や能のようなある程度お客さんにお約束を求めるというか理解力を試すというか。説明しづらいのですが、なんかそんな共通理解の上に演出が成り立っている感じです。難しいものですね。

とはいえ間違いなくアニメ史に残る名作であります。

劇場版 あしたのジョー2(Blu-ray Disc)
劇場版 あしたのジョー2(Blu-ray Disc)
出崎統,あおい輝彦,藤岡重慶,檀ふみ,細川俊之

『スウィングガールズ』を観ました。

里見はTV局がバンバンCMを流している映画は避けてしまいがちなのですが、これは意外とおもしろいですね(←いまさらかよ)。

(ほとんど)音楽の力(だけ)で成立させているところがすごいなぁと。

LOVE is KILL

なぜ里見はこんなにも『KILL BILL vol.1』が好きなのだろうと、BDで観直して思いました。映画館にも3回足を運びましたしDVDも折に触れて観ています。『〜vol.2』も嫌いではないですが、そこまで観たいとは思いません(今回は続けて観ましたけど)。どうしてあんなにおもしろいのでありましょうか。というか日本人のためにタランティーノがつくってくれた映画ですからね。この世界で日本人が一番楽しめるようにできているのは当たり前かもしれません。うーん。何度観てもたまらないですねぇ。誰にもお勧めしませんが。

ちなみに今回観たのはUS版です。というか日本版はまだ出ていません。早くでないかなぁ(←無論出たらまた買う)。

予備の電池買っておけばよかった。

サラウンドヘッドフォンに入れっぱなしにしてたらいつの間にやら充電池が切れておりまして本日は何も映像が観られません。観終わったらちゃんと充電しないとね。

というわけでヘッドフォンは重要です。コードレスなのでときどき音が途切れたりもしますが、大音量でもOKなので臨場感がほしい映画を観るときはだいたいヘッドフォンをつかっています。バーチャルとはいえそれなりにサラウンド感もあるし、BDソフトの魅力は画質以上に音にあるような気が最近しているのでなおさらボリュームを上げたくなるしね。

ずっと装着してると髪型がヘンになるのが最大の欠点でしょうか。

<< | 2/8PAGES | >>
バーナムスタジオ

categories

archives

links

profile

others

search this site.